ただ憧れを知る人だけが。。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS むさしの会@みなとみらい小ホール

<<   作成日時 : 2017/06/09 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

声楽の師匠が歌われるので行ってきました。
師匠は近頃フランス歌曲も歌われるのですが、やっぱりドイツリートの方なのでプログラムがリートだとある意味安心します。
そしてWolfだし、エオリアンハームも歌われるので楽しみに行ってきました。

画像


ここのホール何度か来たことあるはずなんだけど、今日はとくに音が「散る」。
音が散るから司会の言葉だの、歌詞だのが聞き取れずに???となるのです。
でも遅刻してきてしまって、前の方で聞いたから?
パウゼで後方に移動したんだけれど、やっぱり散る。。。。
こんなホールだったけ???
楽器はまだまだいいんだけれど、司会の人の言葉を聞くのに、日本語なのにここまで集中しなければならないとは。。。。

いつも思うのですが、アンサンブルの世界ってピアニストをないがしろにしすぎだと思うのですよ。俗に言う伴奏ですね。ピアノ以外はソロ演奏といってもピアノとデュオが基本。
ピアノパートがない楽曲はわざわざ「無伴奏」と名前がつくのですよ。それくらいピアノが一緒に演奏する形式になっているのに、格下扱いするのはなんででしょう。
チラシにもピアニスト名はないし、司会が演奏者を紹介するときにでもピアニストの名前は呼ばないのよね。
舞台の上ではピアノはソリストのだいじなパートナーなんだけど。。。。
さすがプログラムにはピアニスト名がのっていてほっとしました。

ここ何回かの師匠のコンサートで思うことは本当に心臓の調子が悪い時期があったのだなぁ、と言うこと。
声も音楽も、だんだん健康になる感じがするのです。
もともと音楽を破綻させる方ではないのですが、苦しかったのだろう、と今になると分かる歌という感じ。
Hugo Wolfというのもあって、ご自分の得意ジャンルだなぁと思うのです。
師匠と奥様のデュオは聞き慣れているはずなのに、近頃レッスンではピアノを弾いて下さっているのに初めて、ああ、E先生はHoell氏の生徒さんでもあるのだなぁと思ったピアノでした。
アルペジオの弾き方が、おお!Hoell氏のテクニック!と思ったエオリアン・ハープでした。

ご自分の専門分野を歌われる方がやっぱりいいなと思う演奏でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

グリムス育成中

むさしの会@みなとみらい小ホール ただ憧れを知る人だけが。。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる