ただ憧れを知る人だけが。。。。

アクセスカウンタ

zoom RSS キングスマン:ゴールデンサークル@TOHOシネマズひたちなか

<<   作成日時 : 2018/01/17 21:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

これキングスマンの2作目。ええ、1作目は見逃してるんですが、ジェフ・ブリッジスが出てるのではないですか!迷わず行って参りました。

画像


画像


監督: マシュー・ヴォーン
製作: マシュー・ヴォーン
デヴィッド・リード
アダム・ボーリング
製作総指揮: マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ
スティーヴン・マークス
クローディア・ヴォーン
ピエール・ラグランジェ
原作: マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ
脚本: ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
撮影: ジョージ・リッチモンド
プロダクションデザイン: ダーレン・ギルフォード
衣装デザイン: アリアンヌ・フィリップス
編集: エディ・ハミルトン
音楽: ヘンリー・ジャックマン
マシュー・マージェソン
原題:KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE 2017年イギリス作品

出演: コリン・ファース (ハリー・ハート)
ジュリアン・ムーア (ポピー)
タロン・エガートン (ゲイリー・“エグジー”・アンウィン)
マーク・ストロング (マーリン)
ハル・ベリー (ジンジャー)
ジェフ・ブリッジス (シャンパン)
ペドロ・パスカル (ウイスキー)
エドワード・ホルクロフト (チャーリー)
ソフィー・クックソン (ロキシー)
エルトン・ジョン (エルトン・ジョン)
チャニング・テイタム (テキーラ)
ハンナ・アルストロム
ポッピー・デルヴィーニュ
ブルース・グリーンウッド
エミリー・ワトソン
マイケル・ガンボン
ビヨーン・グラナート
キース・アレン

【解説】
 「キック・アス」のマシュー・ヴォーン監督と原作者のマーク・ミラーが再びタッグを組み、世界最強のスパイ組織“キングスマン”の活躍を描いて世界的大ヒットを飛ばした痛快スパイ・アクションの続編。一人前のスパイに成長したエグジーを主人公に、アメリカの同盟組織と手を組み、新たな敵に立ち向かうキングスマンの戦いの行方を、スタイリッシュにして過激なアクション満載に描く。出演はコリン・ファース、タロン・エガートン、マーク・ストロングら前作のキャストに加え、チャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジス、ジュリアン・ムーアらが新たに参加。
 ロンドンの高級テーラーの地下に本部を置く、どの国にも属さないスパイ機関“キングスマン”がある日、サイコパス女ポピー率いる世界的麻薬組織“ゴールデン・サークル”の攻撃によって壊滅してしまう。残されたのはエグジーとメカ担当のマーリンのみ。そこで2人はアメリカに渡り、同盟組織“ステイツマン”に協力を求める。するとそこで、死んだはずのハリーとも再会するエグジー。テキーラ、ウイスキー、シャンパンらステイツマンのアメリカン・スタイルに戸惑いつつも、ゴールデン・サークルの恐るべき陰謀を阻止すべく決死の戦いに臨むエグジーだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

ブリティッシュジョーク満載です。ええ、ブラックです。
笑えないけど、好きなんだろうなぁ、こういうの、というものてんこ盛り。
エルトン・ジョンがエルトン・ジョン役ってすごいし、ジュリアン・ムーアあなたなにやってんの?ってな訳ですし、素直に笑えないけどおもしろい。
ジェフ・ブリッジスもハル・ベリーも楽しかったでしょう?と突っ込みたくなる役どころ。
007を作った国のコメディ、そんな感じ。
イギリス人のアメリカ感、ウイスキー感といういみでは納得するところ多数でした。

結構それみせていいの?ってな残酷なシーンもあったのでPG12は納得です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

グリムス育成中

キングスマン:ゴールデンサークル@TOHOシネマズひたちなか ただ憧れを知る人だけが。。。。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる