スイミング・プール

DVDにて鑑賞。

見ようと思っていたんですが単館系上映だったので見逃しておりました。

監督  フランソワ・オゾン 製作 オリヴィエ・デルボスク マルク・ミソニエ  脚本 フランソワ・オゾン エマニュエル・ベルンエイム 音楽 フィリップ・ロンビ
出演 シャーロット・ランプリング  リュディヴィーヌ・サニエ  チャールズ・ダンス  ジャン=マリー・ラムール

創作活動に行き詰まっていたイギリスの女流ミステリー作家サラはある夏の日、出版社社長ジョンの勧めで南仏の彼の別荘を訪れる。そこは明るく静かで、誰にも邪魔されずに執筆できる最適な場所だった。しかし、サラがいよいよ仕事に取り掛かろうとした矢先、社長の娘ジュリーが別荘にやって来る。裸でプールを泳ぎ、毎夜男を連れ込んでは嬌声をあげるジュリーに苛立ち筆が進まないサラ。だがやがてサラは、ジュリーの若さと妖艶な振る舞いに強い刺激を受け、いつしか彼女をモデルに物語を紡ぎ始めるのだった…。

2003年 フランス/イギリス作品。

オゾンは好きな監督なので楽しみにしながら見ました。
オゾンはわたしと1つしか違わないのによくもまぁ、こんな熟女の心理を描けるものだと感心する。

ランプリングもうまくて「作家の顔」になったときのすごみが凄かった。
観察しているときの顔とふつうに景色を眺めている顔が違うんですもの。
すごいなと思った。
でもちゃんとストーリを理解するまで
「そんなことしちゃ駄目じゃん!」って思うシーンが目白押し(笑)
最後でストーリが判ってほっとしたけどね♪

作家か。。。。
キーボードの上指が踊っていて
時々考えては微笑みながらキーを打っていくシーンがあって
なんとなぁく
「いいなぁ、作家って」と思ったわたしは影響されやすいんだなと思った作品でした。

ストーリーが判ってほっとしたシーンはネタバレなので追記です。




























いくら自分の方が年上だからって
部屋あさって日記読んでいいの???
せっかくジュリーが買ってきてくれた
フォアグラ勝手に食べて
勝手に飲んだ白ワインの量を減らさないために
水たしちゃだめじゃん!
え?殺人幇助するの???

はい、全部小説の中の出来事でした。
それがわかって一安心。

オゾンはこのあと2本作品があって両方レンタルになっているようなので
探してみたいと思います!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック