のだめカンタービレ(TV)

なんのかんのいいつつ11話全部みました、のだめカンタービレ☆

これは漫画ではまってしまっていて寝てもさめても「みるひー(はぁと)」だっただけにドラマになってどうだろ?とは思っていたんですが
予想以上に漫画に忠実で配役も似ている人を配置してくれたので楽しく見れました(注ミルヒー以外ね。やはりミルヒーはドイツ人でなければならないのですわ、わたしてきに☆)

音楽を奏でるものの端くれとして
共感したり
ありえねーと思ったり
胸が痛かったり
死ぬほど嫉妬したりしつつ楽しみました。(漫画同様)

そして行き着くところ
「才能がほしいなぁ」って所(ヲイ)
練習しても練習しても神様から才能をもらっている人には追いつけない。
才能をもらっている人も練習しているからなんだけどね(笑)

パリ編ができないかなぁと思いつつ
でもターニャとかリュカとかどうすんだ?ってのもあるので過大な期待はしませんが
ドラマがDVDとかになったら買うかも(笑)

そしてベースは
「さぁ、楽しい音楽の時間ですよ」

これを思ってステージに上がれる人間でありたいと思いました。














ただ最後千秋様はじめ
オケの人間を「演奏中」に泣かせたのはわたしとしてはいただけませんでした。
演奏家ってステージの上ではかなりさめていて
感極まって泣くのは演奏が終わってからじゃないかなぁと。
その点清良ちゃんが◎でした。
でもソロからコンミスに席を移したときにドレスのままはどうよ?もあったんですけどね。

なにはともあれ2月の漫画の新刊がたのしみです☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック