魔笛 コヴェントガーデンby mu-taro

録画しておいてもらったものを鑑賞。
2003年2月1日コヴェント・ガーデン王立歌劇場

ヴィル・ハルトマン
ドロテア・レシュマン
ディアーナ・ダムラウ
フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ
サイモン・キーンリーサイド
アイリッシュ・タイナン
エイドリアン・トンプソン
トーマス・アレン
指揮:コリン・デイヴィス
コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団
合唱指揮:テリー・エドワーズ
演出:デーヴィッド・マクヴィカー

魔笛で「童子」の役がほんとうに男の子のバージョンを始めてみた。
ソプラノで代用するよりやっぱりボーイソプラノがいいと思った。
ディアーナ・ダムラウの夜の女王が◎
不安感なしにきける夜の女王は貴重。
昨日に引き続きドロテア・レシュマンを聞いた。
彼女の安定感は相変わらず。
ただ今回はかなり胸の開いたドレスだったのに体の使い方が見れなくて残念。
ダムラウの方がよっぽどよく見えました。

いつみても
パパゲーノって気の毒だわ(汗)




















さくらさんのブログではないのですが
中途半端なゴスメイクの舞台です、これ(笑)
どうせやるなら徹底したゴスファッションの舞台をみてみたいな~。

夜の女王歌えたら何にもいらないかも。
凄いですもう人の声ではなく楽器の音に聞こえてくる。。。。。
グルヴェローヴァ以外で○の夜の女王ははじめてでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック