第75回アカデミー賞by mu-taro

我が家はwowwowは入れていないので、アカデミーはmu-taroが録画してくれたものを見るんだけれど
どういうわけか72回のあとにこれがきてたのです。
とりあえず鑑賞する。
2002年の授賞式。

この年はとっても政治色が強かったように思います。
必ずスピーチにその類の言葉がちりばめられる。
9.11の後のアカデミー賞だしイラク戦争始めたばかりだからしょうがないんでしょうが。。。。

カーク・ダグラスとマイケル・ダグラスのツーショットがもうゴージャスでうっとり。
ショーン・コネリーの衣装の素敵なこと!彼は自分に何が似合うかを把握しきっているのだと思いました。あの過剰にフリルのついたドレスシャツが似合う男性ってどれくらいいるんでしょう?スーツも変わっていましたがクラッシック調で○。
リチャード・ギアもダイアン・レインも素敵だった。
キッドマンはこの年の受賞に意味があったのだろうとしみじみ思い、
ブロディのレディーキラーぶりに舌を巻いた授賞式でした。

作品賞 「シカゴ」
主演男優賞 エイドリアン・ブロディ 「戦場のピアニスト」
主演女優賞 ニコール・キッドマン 「めぐりあう時間たち」
助演男優賞 クリス・クーパー 「アダプテーション」
助演女優賞 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ 「シカゴ」
監督賞   ロマン・ポランスキー  「戦場のピアニスト」
ドキュメンタリー長編賞 マイケル・ムーア  「ボウリング・フォー・コロンバイン」
名誉賞 ピーター・オトゥール



























マイケル・ムーアのスピーチが過激でちょっとこわかった。
ミッキーマウスがプレゼンターするとは思わなかったし
アカデミー受賞男優女優が59人も集まっていたし、シャーリー・マクレーンはいるし、演出は地味でも豪華なショーでした。
ティータム・オニールも久々に見たなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック