第72回アカデミー賞by mu-taro

引き続いて1999年のアカデミー賞授賞式。
録画しておいたものを鑑賞。
ビリー・クリスタルの司会でした。

見たはずなのに、オスカーがどこに行ったか忘れているものが多すぎて。

助演男優賞のマイケル・ケインのスピーチがすばらしかった!
ノミネートされた他の俳優ひとりひとりに対してのスピーチなんて彼しかできないと思います。
いいスピーチでした。
「サイダー・ハウス・ルール」は見たことがないのですが
レンタル屋さんで探してこようと思います。

この年はアメリカン・ビューティーが独占でしたね。
プレゼンターチャーリーズ・エンジェルの3人やアーヴィング・タールバーグ記念賞のウォーレン・ビーティ、プレゼンターのジャック・ニコルソンなど大物そろい踏みでした。
71年ほど派手な演出はなかったように思いますがたのしかったです。

作品賞 「アメリカン・ビューティー」
主演男優賞 ケヴィン・スペイシー 「アメリカン・ビューティー」
主演女優賞 ヒラリー・スワンク 「ボーイズ・ドント・クライ」
助演男優賞 マイケル・ケイン 「サイダーハウス・ルール」
助演女優賞 アンジェリーナ・ジョリー 「17歳のカルテ 」
監督賞 サム・メンデス「アメリカン・ビューティー 」



この年の流行なのか
女性人のおっぱいがみえそうな(見えている人もいた)ドレスがはやっていたようで
「おい、みえてないか?おっぱい」ってドレス続出!
そして背中を見れば
「え?おしり見えてませんか?」ぐらいあいてるし、
それって、ショーツはいてません!って場所に穴が開いていたり
シースルーだったり。。。。
過激なファッションがはやりでした。

でもそんななかシェールがシンプルな黒のドレスで
自分でも「おとなしいドレスでごめんなさい」っていうスピーチがおかしかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック