ハムレット シャトレ座♭by mu-taro

トマ作曲
ハムレット トーマス・ハンプソン   
オフィーリア ナタリー・デッセー   
王妃ジェルトリュード ミシェル・ド・ユン
クローディウス  ジョゼ・ファン・ダム      

指揮  ミシェル・プラソン  
ツールーズ・キャピトル劇場管弦楽団&合唱団
演出 ニコラス・ジョエル
2000年6月

mu-taroが録画しておいてくれたものを鑑賞。

ハンプソンは大好きなので安心して見れました。
そしてデッセーはいいとは聞いていたんですがきちんと聞いたのは初めて。
とってもいいオフェーリアでした。
彼女のCDなりDVDでもっとちゃんと聞いてみたいと思いました。

ミシェル・ド・ユンがでかかった。。。。。
ハンプソンとそんなに背丈がかわらないのでデッセーを抱きしめたりするとまあデッセーの小さいこと。。。。。
ド・ユンってどこの国の名前かしら?

デッセーがものすごく体を使って歌っていたのがとっても印象的。
ふわっとしたドレスだからどこを使っているかわからなかったのが残念。
4幕の狂乱の場なんて鳥肌物。
迫力がすごかった。もちろん歌もすごいんだけど、彼女は演技力もあるんだね。みてて胸が痛くなる場面。
あのブラボーがこの作品唯一のブラボー拍手。
お客さんのレベルも高いんだなぁと思う。

コーラスはもうちょっと頑張ってほしかった作品です。


これはシェイクスピアの問題かもしれないけれど
オフェーリアがかわいそうで。
理由わからず捨てられて、そのまま入水自殺しちゃうなんて。
せめてハムレットが少しでも説明をしていれば修道院にでもいけたんではないかと思うんだけど。
「あの方は今日一日わたしの手すら触らなかった。」=愛されてない
これってすごい発想だと思う私は子供でしょうか?

そしてハムレットもわがままだよね?
オフェーリアとは結婚しない、だから修道院へ行け。
オフェーリアを自由の身にすればいいだけじゃだめなの?
他の男と恋に落ちてはだめなのか???だから修道院なの?
どうもその辺の仕組みや気持ちの動きが解せない。
勉強不足だなぁ、きっと。

そして舞台上でハムレットがオフェーリアにキスするんだけど
本気でキスしてるし長い!
あれって演出?
ハンプソンの独断?
そんなのが気になるわたくしでした(^_^.)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック