ショパン 2005年8月号

卒業しなきゃといいつつ、まだまだ卒業できませんJablonski。
本当に彼ばかり聞いていて勉強の歌が聴けないこの現状!
ある意味本当に卒業しないとまずいかもです(汗)

でも
Jablonskiのインタヴューが載っていると言うのでバックナンバーをオーダーしていたものが本日届いた。
画像


2005年の当時のJablonskiは今より太っていたのね(違)
インタヴューを読むたびに思うけれど
本当によく笑って、よくしゃべるんだろうなぁと思う。
必ずそう書かれているのが彼の人柄なんだけど。

カルガリーに住んでいる理由、お嬢さんの話なんかがあってたのしかった。
人柄が透けて見える、そんなインタヴュー。

ショパン・コンクール以後いろいろあって悩むことが多かったと書いてある。
20年分音楽が深くなったのには理由もあったのだなと思う1行でした。

どこかで
「ショパンコンクールのときより現在の方が小山実稚恵は若く見える」とよんだんですが、
納得。きれいでした、小山さん。
彼女もいい年齢の重ね方しているようで、素敵でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック