ラ・ボエーム プレゲンツ音楽祭(Video)♭by mu-taro

mu-taroのビデオを鑑賞。

2002年 ボーデン湖畔の野外ステージ
指揮=ウルフ・シルマー(Ulf Shirmer)
演出=リチャード・ジョーンズ(Richard Jones)、アントニー・マクドナルド(Antony McDonald)
装置=アントニー・マクドナルド、リチャード・ジョーンズ
照明=ヴォルフガング・ゲッベル(Wolfgang Göbbel)
振付=フィリップ・ジロドー(Philippe Giraudeau)

Rolando Villazon (Rodolfo)
Alexia Voulgaridou (Mimi)
Elena de la Merced (Musetta)
Ludovic Tezier (Marcello)
Toby Stafford-Allen (Schaunard)
Markus Mardquardt (Colline)
Wiener Symphoniker、ほか

ミミの声が重いな、というのが第一印象。
ムゼッタのほうが軽いソプラノでした。
うむ。やっぱりどうせ歌うならムゼッタがいい(違)

湖上で、大きな机の上が舞台になっていて演出が面白かったです。
途中本当に雨が降ったらしく歌手たちがぬれながら歌っていた。
オーケストラは写らなかったのでどんなところで演奏していたのかわかりませんが、楽器がぬれないか心配してみてました。

歌手として、印象に残ったのは
ムゼッタとマルチェッロの二人。
Elena de la Merced とLudovic Tezierは覚えておこうと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック