水戸への旅行

クシシュトフ・ヤブウォンスキ氏のリサイタルと公開レッスンを聞きに茨城県にいきました。
ホテルは水戸でした。
クールシュヴェールは笠間市で開催されましたが、講師や通訳さんなどスタッフの方々のホテルは水戸だと聞いて同じホテルに泊まってきました。
nadz&miloさんがJablonski氏の通訳で、彼女がどこまで拘束されるのかがわからなかったのです。でもせっかく会うのだから、おしゃべりもしたかったので、ちょっと背伸びして、豪華ホテルに泊まってきました。
たとえお仕事で彼女が拘束されてもホテルが一緒なら時間見つけておしゃべりも出来るでしょ?
そんな理由で選んだ水戸のホテルのお部屋です。

①2時間しか使わなかったベッド
画像

②語り明かしたソファ
画像

③ガラス張りの浴室
画像

④ルームキー
画像


ここで通訳のnadz&miloさんとみやこちゃんと語り明かし、
シャンペンでちょっとだけお祝いして朝までnadz&miloさんを寝かせなかったわたし。
興奮して眠れなくて。。。。
nadz&miloさん次の日通訳だったのに、ほんとうにごめんなさいね。
でも楽しかった。
お部屋もnadz&miloさんとお隣!
別々にお部屋を取って(わたしは個人的に、彼女は通訳さんのお部屋なので音楽祭の事務所さんがおさえてくれてあったもの)隣って!
ちょっとした奇跡です(きらきら)。
ルームキーもすてきでしょ?

次の日の朝はここであさごはん!
画像

{img20080402_4.jpg}
前の日からいろんな偶然が重なって、ドキドキの連続で心臓が止まりそうになる朝ご飯。
目玉焼きみただけでにやにやしてます。

そのあとちょっとだけだけど偕楽園でお散歩
⑥偕楽園
画像

⑦最後の梅に間に合いました。
画像

⑧赤い梅もすてき
画像

あとは笠間でのリサイタルと公開レッスンのあった今回の茨城旅行。
唯一の後悔はホテルのバーの営業時間に間に合わなかったこと。
もし来年があるならば、もし次回があるならば、このホテルのバーでお酒を飲んできたいものです。

あまりにも幸せで食べたものの写真も撮れず
ホテルの部屋の写真もみやこちゃんから頂きました。ありがとう。

とってもすてきな2日間だったのでもっと思い出に写真にしておくのだったと後悔がないわけではないのですが、幸せすぎて写真を撮るなんて考えもつかなかったの。
写真はなくても楽しかった旅の思い出。

あらためて
nadz&miloさんとみやこちゃん
すてきな旅行と時間をありがとうございました!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック