魔笛 ザルツブルク音楽祭2006(Video)by mu-taro

mu-taroが録画しておいてくれたものを鑑賞。

指揮:リッカルド・ムーティ

演出:ピエール・アウディ
装置:カレル・アッペル
衣装:ジョルジュ・ジャラ
振り付け:田中眠

ザラストロ:ルネ・パーペ
タミーノ:ポール・グローヴズ
弁者:フランツ・グルントヘーバー
夜の女王:ディアーナ・ダムロウ
パミーナ:ゲニア・キューマイアー
3人の侍女:インガ・カルナ、カリン・デシェ、エカテリーナ・グヴァノーバ
パパゲーナ:イレーナ・ベスパロヴァイテ
パパゲーノ:クリスティアン・ゲアハーハー、マルクス・ウエルバ
モノスタトス:ブルクハルト・ウルリッヒ

管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
合唱:ウィーン国立歌劇場合唱団
画像

近頃大好きなルネ・パーペ
それだけがお目当てだったりしたんですが
いい作品でした。
さすがムーティさすがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。ルネ・パーペ、ディアーナ・ダムロウとゲニア・キューマイアーの声のクオリティがぬきんでていてびっくり。
変な衣装とか思っても舞台や光に溶け込んでくると素敵に見えてくる。
そして全員衣装換えがあって夜の女王なんて3着も衣装があり豪華。
舞台の上に火と水とスモークと紙ふぶき。
ダンサーさんたちは宙吊り。
豪華な舞台でした。



















いつも言ってますが
主役のタミーノはかっこよくなきゃいやだ!
そして
パパゲーナの胸が柔らかそう。。。。
そんな魔笛。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック