クシシュトフ・ヤブウォンスキ ピアノリサイタル~ショパン・グレイテストヒッツ @札幌コンサートホール

ヤブウォンスキを追いかけて札幌に来ました。
新潟のりゅーとぴあによく似た感じのホールでの演奏。
会場はお客様の入りが8割くらいでした。


ノクターン第20番 嬰ハ短調
幻想即興曲 嬰ハ短調op.66
前奏曲「雨だれ」変ニ長調op.28-15
スケルツォ第2番 変ロ長調op.31
ノクターン第13番 ハ短調op.48-1
エチュード「革命」 ハ短調op.10-12
ポロネーズ第6番「英雄」変イ長調op.53
前奏曲 ホ短調op.28-4
エチュード「別れの曲」ホ短調op.10-3
ワルツ第7番 嬰ハ短調op.64-2
ノクターン第19番 ホ短調op72-1
ワルツ第3番 イ短調op.34-2
ワルツ第19番イ短調 遺作
エチュード ロ短調op.25-10
バラード第1番 ト短調op.23
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

インストアライブでの調子が悪すぎたので心配していたんですがかなりコンディションよさそうで安心した演奏でした。
ただねぇ、ピアノ。。。。
せっかくいいホールなんだから2か所位(?定かではないけど)おもちゃのピアノみたいな音の出る場所があって、倍音に金属音交る場所もあってとっても残念でした。
パウゼに調律師さんが出てきてピアノいじっていたけどあんまりかわらないしもったいないなぁ。
そして絶対的に「好意」ではあるんだけれど拍手のタイミング。。。。
小曲(?)が続いて弾けるようにプログラミングされているし(調性確認してみてください。)ピアニストもピアノの前から動かないのに拍手が入っちゃう。
これがとってもとってももったいない。
いい人だからまた1曲1曲たっておじぎするし、そのたび集中しなおしだからさぞや大変だったかとも思うんだけど。。。。
でも変なブラボーがなかったので(フライング・ブラボーとか)いいのかな?

演奏はほぼ去年武蔵ホールで聴いたのと同じですがノクターンの13番だけ差し替わっていて、初めてヤブウォンスキの演奏で聴きました。
うん、彼に似合うノクターン。
よくこう自分の個性にマッチするプログラムを増やせるものだと感心する。
エチュードのレクチャーの後なので、彼のセオリーが見えてきて鳥肌もの。
「意志の強さ」みたいなものが垣間見れた「革命」
男性的で大胆な英雄ポロネーズ
同じメロディーの繰返しを感じさせない前奏曲 ホ短調op.28-4
超絶技巧に聞こえさせないエチュード ロ短調op.25-10
大胆でかつ繊細なアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

あっというまの1時間半でした。

そしてアンコール。
エチュード「黒鍵」op.10-5
アストル・ピアソラ「オブリビオン」

超絶技巧に聞こえない黒鍵。
そしてヤブウォンスキアレンジの「オブリビオン」これ大好きなんです。
去年の仙台で聞いて以来だったのでとてもうれしかったです。
美しすぎてどきどきしすぎて胸が痛む至福の時間でした。

さあ、次は東京津田ホールです。

















演奏会後CDにサインしてもらう人の群れにまぎれ
「Hello」と言いに行ったら
「Oh!really?」ですと?
渋谷のインストアライブ後札幌に行くよって言っていたのに信じていなかったらしい(笑)
だよねぇ、仙台の後挨拶に行かなかったもの。。。。
次からの地方公演はちゃんとご挨拶に行きましょう!


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック