ダークナイト

公開当時見に行こうと思っていて、見損ねていた作品。
レンタルしてきてみました。

画像


監督:クリストファー・ノーラン 製作:チャールズ・ローヴェン  エマ・トーマス クリストファー・ノーラン 製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー マイケル・E・ウスラン ケヴィン・デラノイ   トーマス・タル  脚本:ジョナサン・ノーラン クリストファー・ノーラン 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード ハンス・ジマー

出演:クリスチャン・ベイル ヒース・レジャー アーロン・エッカート ゲイリー・オールドマン マイケル・ケイン マギー・ギレンホール モーガン・フリーマン エリック・ロバーツ

 ゴッサムシティでは、バットマンとゴードン警部補が手を組み、日々の犯罪に立ち向かっていた。だが、白塗りの顔に裂けた口の“ジョーカー”と名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのごとく次々と凶悪事件を引き起こしていく。そんな中、新しく赴任した地方検事のハービー・デントは正義感に燃え、バットマンとも協力して犯罪の一掃を強力に進めていく。それでも凶行の手を緩めず街を混乱に陥れるジョーカーは、いよいよバットマンたちを窮地に追い込むための謀略を開始するのだった。

2008年アメリカ作品

クリスチャン・ベイルとヒース・レジャーは若手の俳優さんで追いかけてみている人たち。
今回のこの作品あレジャーの遺作だと思って見始めたんですが、
ストーリーと関係なく
「なんでこのあと死んじゃうのさ!」と悔し涙が流れてくる。
ジョーカーはニコルソンが圧巻の演技だったから、どうなるかなと思っていたんですが
そんなものは杞憂でした。
レジャーの演技は鳥肌物でした。

マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンも食われてしまうベイルとレジャー。
いい作品でした。

ヒース・レジャー
あの才能を神様がほしがって連れて行ってしまったのかと
改めて思った作品。
ご冥福をお祈りいたします。。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック