ザ・ホワイトハウス <ファースト・シーズン> Vol.1

テレビドラマのRomeが面白かったのでテレビシリーズ見てみようかしらと思ったの。
この作品はロブ・ロウが出てるし、チャリパパ(チャーリー・シーンのパパ=マーティン・シーン)が出ているのでテレビ放映のときにちらちら見ていたんですがつまらなくて。。。。
でもこれはじめからちゃんと見れば面白いのかしらと思って借りてきました。

画像


第1話「大統領と側近たち」(PILOT)
ワシントンD.C.。早朝、ホワイトハウスのスタッフたちのポケベルに緊急メッセージが入る。バートレット大統領がサイクリング中にケガをしたのだ。時を同じくして、嵐の中をいかだでマイアミを目指しているキューバ人亡命者の情報が入り、スタッフたちはその対応に追われる。一方、広報部次長サムはバーで知り合った魅力的な女性ローリーと一夜を共にするが…。

第2話「非業の死」(POST HOC,ERGO PROPTER HOC)
ホワイトハウスのスタッフたちは、次席補佐官のジョシュに内緒で話を進め、その元恋人であるマンディーをメディア担当のコンサルタントに招くことにする。一方、大統領の主治医であるモリス・トリバー軍医の乗った軍用機が、ヨルダンに向かっている途中、シリア上空でテロに遭い、空中爆発してしまう。知らせを受けた大統領は激しい言葉で怒りをあらわにする。

監督(第1話「大統領と側近たち」):トーマス・シュラム
監督2(第2話「非業の死」):トーマス・シュラム
脚本(第1話「大統領と側近たち」):アーロン・ソーキン
脚本2(第2話「非業の死」):アーロン・ソーキン
製作総指揮:アーロン・ソーキン
製作総指揮2:ジョン・ウェルズ
字幕翻訳:今泉 恒子/鎌田郁子
吹替翻訳:杉田朋子
監修:平野次郎

キャスト
ジェド・バートレット大統領・・・マーティン・シーン
サム・シーボーン広報部次長・・・ロブ・ロウ
CJ・クレッグ報道官・・・アリソン・ジャニー
レオ・マクギャリー首席補佐官・・・ジョン・スペンサー
トビー・ジーグラー広報部長・・・リチャード・シフ
ジョシュ・ライマン次席補佐官・・・ブラッドリー・ウィットフォード

思いのほか面白かったのですがRomeほどの感動はなくて。。。。。
でもロブ・ロウがいい役者になっていて、マーティン・シーンがさすが!で
駆け引きがうまく書かれていました。
また続けて借りそう。
でも英語むずかしい。。。。
こんなに早口だとほとんど聞き取れませぬ(むーーーん)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック