冷血 トルーマン・カポーティbyほんぽーと

以前カポーティとい映画を見て是非読んでみたいなと思っていた作品。
ほんぽーとで偶然見つけて借りてきました。

画像


あらすじ
内容(「BOOK」データベースより)
カンザスの村で起きた一家4人惨殺事件。5年余を費やして綿密な取材を敢行し、絞首台まで犯人たちを追った本書は、40年を経た今なお、輝きを放ちつづける。捜査の手法、犯罪者の心理、死刑制度の是非、そして取材者のモラル。人間の魂の暗部を抉りつくし、後進の作家たちに無限の影響を及ぼした暗黒の教典、待望の新訳成る。

どこまでも中立の視線で書ききったのはすばらしいことだと思う。
なぜ?を極め、疑問が残ることなく終わった作品。いい作品でした。
なぜ?は解消されますが、無常感、不条理だと思う感情はぬぐえませんでしたが。。。。

想像以上に「日本」が出てきてびっくりしました。
そしてダッジシティ。。。。こんなところで地理のお勉強が役立つとは!
中西部での出来事が土地の名前で現実味を帯びた作品でした。

In Cold Blood Truman Capote

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック