輝きのレッド・リリー ガーデントリロジー(3)- ノーラ・ロバーツbyほんぽーと

予約してやっと来ました、ガーデントリロジー3冊目。ヘイリーの回です。

画像


内容(「BOOK」データベースより)
幼い娘リリーをかかえ、シングルマザーとして園芸センター“イン・ザ・ガーデン”で働くヘイリーにとって、ハーパーは気になる存在だった。オーナーであるロズの長男で接ぎ木の専門家の彼は、リリーをかわいがってくれるし、何よりも魅力的な男性だ。だが二人のあいだが接近していくにつれ、愛の成就を妨げようとする過去からの暗い情念が力をふるいはじめる…。男と女、友人、家族―時を貫いて続く人と人との絆を誇らかに歌いあげ、未来への希望を約束する三部作、驚異と感動の完結編。

アメリアが何を望んでいたのか、も、一緒に完結します。
ノーラ・ロバーツはほんとうにどこに向かっているのかしら?と思うくらい、不思議な世界を描き出しましたねぇ。
憑依は始めて描いたんじゃないかしら?
でもハーパーとリリーの相思相愛も素敵で(笑)デイヴィッドも素敵な今回でした。

次のノーラ・ロバーツはなんだろう???

Red Lily by Nora Roberts

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック