ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 by mu-taro

2008年09月23日 サントリーホールでの演奏会のTV放送をmu-taroが録画しておいてくれました。
リッカルド・ムーティ指揮

1. ロッシーニの「セミラーミデ」序曲
2. バレエ音楽「妖精の口づけ」によるディヴェルティメント(ストラヴィンスキー)
3. チャイコフスキーの交響曲第5番

ウィーンフィルはハンサムさんが多いので、目でも楽しむオーケストラです。
いつも探している末席のお兄さんは見当たらず、残念(涙)
今年のウィーンフィルに行かれたマルシカさんの目を奪ったチェロのお兄さんも探したんですが
多分この人?と言う感じで確定にいたらず。
コントラバスにはサンタクロースに見えるプレイヤーがいらっしゃって
ティンパニーをたたいている人も多分始めてみた顔かしら?
ピッコロ、フルート、クラリネットのお兄様方はいつも見る顔だわ~などと鑑賞。

ストラヴィンスキーは相変わらず苦手。
でもウィーンフィルの腕にかかるときけるのが不思議。飽きずにきけたけど、難しいです。
チャイ5は「おお、これはムジカパストラーレ」も演奏してくれたじゃん!とか思いながらきく。
当たり前なんですが、音楽の見せ方が違う。
さすが超一流のオーケストラの絵の描き方はすごい!
チャイコの音が、絵を見せてくれる。そんな演奏でした。

いつかウィーンフィルはライブに足を運びたいものです。
まずそれには財力ですね(焦)

そしてムーティー。
だんだんダンディにハンサムになっていきますね。
めがねもお似合いでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック