雪の日はショパン

新潟市内、恐ろしいほど積雪があります。膝まで雪に埋もれます。帰宅して、玄関前と、車を掘り出すのに2人がかりで1時間強!(涙)肉体労働なんです、雪かきは。。。。

画像


この写真はお昼休みに会社の窓からとったものです。屋根の上の量をみて~。そして写真にも映っているように降り続けておりますのでもっと現在積もってます。


一人暮らしなのになぜ2人で雪かきか?仕事が定時ジャストでおわり、後片付けができると会社近くのバス停から帰れるのですが、5分でも超過しちゃうと乗れないのね、そのバスに。次来るのが20分後。時間つぶしに駅まで行くとちょうど高校時代からの仲良しmu-taroの 終業時間。二人でうちまでバスで帰ってきて、うちでご飯食べてわたしが送るというパターンが週に何回かあるのです。ほら、わたし自分の分だけだとろくな料理作らないのでmu-taroが来てくれるとちょうどいいのだ。で、本日雪かき手伝ってもらい、車を掘り出し、ご飯作る気力がないからどうしようかなぁと話しているうちにまた車はうっすら雪をかぶってしまって焦る焦る。食事して車うまってまた雪かきも嫌だからこのまま送るよ、と雪かきだけしてもらってmu-taroをおうちまで送りました。

そのときNHKFMからショパンの舟歌が流れてきたの。うーーん、雪景色にショパンは美しい!ピアノコンチェルト2番も雪の匂いがするし、ポーランドも雪の国だからどこか音楽とショパンのDNAに雪国の匂いが組み込まれているのかもね。ラジオはアレクセイ・ゴルラッチのピアノでした。
わたしが聞いたのは舟歌作品60と練習曲集作品10の全曲でした。なかなかいいピアニストだなぁと思いつつもショパンの響きになりきらなくてもったいない!でも帰宅後調べたらまだ若干21歳!名前は覚えておこうと思ったピアニストさんでした。

近頃ショパンのピアノ曲を頭の中で思い出すとJablonskiの演奏になっています。とても若い時の演奏ですが彼の演奏がyoutubeに上がっていましたのでお時間のある時に聞いていただけたらうれしいです。





第11回ショパンコンクール第3位 クシシュトフ・ヤブウォンスキ第15回ショパンコンクール審査員 そして今年も来日してリサイタルをして下さいます。演奏気に入っていただけたらかなり日本人には難しい名前ですが、覚えてもらえたら嬉しいです。

ね、やっぱりどこか雪の匂いがしませんか?ショパンの曲。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック