琥珀色の月の夜に ジャッキーダレサンドロ by ほんぽーと

図書館の本

内容(「BOOK」データベースより)
亡き夫に永遠の愛を誓う子爵未亡人キャロリンは、ある日仮面舞踏会でひとりの男性にダンスに誘われる。放蕩貴族と噂されるサーブルック伯爵。じつは十年前、伯爵は結婚を控えたキャロリンをひと目見たときから、叶わぬ思いを胸に秘めつづけてきたのだった。そんな伯爵から熱い口づけを受け、結婚も愛も求めないという条件で愛人契約をもちかけられるキャロリン。固く断りながらも、キャロリンもまた、いつしか噂とちがう伯爵の温かい素顔に心惹かれていく…。

「夜風はひそやかに」のヒロインサラのお姉さんキャロリンのお話でした。ここでまた例のかかしくんの話が出てくるとは思いませんでした(笑)
そっか、ズボン盗んだのが彼女で盗まれたのが彼ね。
フランス語しかわからない犬や片目の猫と暮らす紳士。それがプレイボーイという設定もおかしかった。
殺人の濡れ衣、もうちょっと突っ込んで書いてほしかったりもしました。

Confessions at Midnight by Jaquie D'alessandro

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック