バガボンド(19) 井上雄彦 by 図書館

図書館の本

出版社/著者からの内容紹介
「生き抜いてみよ、小次郎!!」
圧倒的な殺意が山を覆った。
生き残りのために、戦う男達。
血しぶきが舞い、多くの命が尽きていく……。
極限の状況の末、研ぎ澄まされていく小次郎の力――。

一刀斎とはぐれてからの、小次郎がどうなっていくのかが気になるところで終わってました。
落ち武者にも落ち武者の武士道と美学があり、そして目的がある。
農民は農民なりの論理で動く。
小さい国で剣は必要があったのかと改めて思う1冊でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック