陰陽師(12) 岡野玲子 by 図書館

岡野 玲子,夢枕 獏
白泉社
発売日:2005-07-29

図書館の本

清明と真葛の子がうまれ、英才教育開始!なのね。それにしても「名」を与えない?教えない?のは清明らしいなぁ。

なぜエジプトとギリシャと重ねるんだろう?
ま、真理は1つでどちらかからアプローチがあったって同じ深遠に行き着くものね。

あたらしく京を作っていく過程、かけている場所が見えてきて恐ろしい。
比丘尼。。。。
なんでいまさら。。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック