カリフォルニア物語2 吉田秋生 by 図書館

図書館の本

出版社からのコメント
混沌、怠惰、無関心。大都会の片隅に生きる若者達の心の遍歴…。病めるアメリカで突っぱって生きるヒースとその仲間たち…!!

ヒースの過去が明らかになる。
父親、兄、との関係、学校での立場、エレインの存在。
そして走ること。
親の評価って本当に一生を左右しちゃうくらい大きいのに、父親は威圧的なだけで息子を理解できない。
お兄さんがいい人でよかったとは思うけど。
どうしてNYに流れ着いたか、その理由がやっぱり悲しい。
1度道を踏み外してしまうと、公正させまいとする力が働くこともあるのね。

イーヴが大人になった。
働き出し、自分の気持ちを理解して。
そしてブッチがろくなことしないし。。。。
最後イーヴが気になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック