Monster 6 浦沢直樹 by 図書館

図書館の本

出版社 / 著者からの内容紹介
ミュンヘン大学生になったヨハンが登場する。彼は、大富豪であるハンス-ゲオルグ・シューバルトの屋敷で読書のアルバイトをしていた。ある日、アルバイト仲間のエドムント・ファーレンの自殺騒動が起こる。この事件の調査をしていた探偵のリヒャルトは、この事件の背後に大きな悪意をかぎとっていた……。

テンマをエヴァが、ルンゲが追い続ける。
エヴァはいいとして(え?)ルンゲの思い込みたるやものすごいものがある。それを人は確信と呼ぶのでしょうが。。。。

食事をする。
ただそれだけの行為を忘れてしまう生活は想像がつかないけれど、それを取り戻させるテンマがすごいと思うの。

ハンス-ゲオルグ・シューバルトとヨハンのつながり、そしてヨハンとテンマがどうつながるのかたのしみ。

そしてロッテの情報収集の腕もね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック