甘美な代償 ジェイン・アン・クレンツ

ジェイン・アン クレンツ
ハーレクイン
発売日:2010-04

購入済み

内容(「BOOK」データベースより)
自社の贈賄を発見したアデナは、上司である恋人の関与も同時に知ることになった。ショックと憤りから、彼女は会社にも恋人にも別れを告げ、贈賄の相手会社を訪ねる―この不正を正すよう訴えなければ。現れた社長のホルトは、予想に反して若くハンサムな男だったが、アデナの訴えを気にも留めない様子でブランデーなど勧めてくる。そして、不正を正すどころか、彼女にとんでもない申し出をした。「きみには、その古い情報よりはるかに値打ちがある。その魅力をぼくに売ってくれないか?」驚きに口もきけない彼女の唇を、ホルトの唇がふさいだ。

ちゃんとキャリアを持って、責任を負って仕事をしているはずなのに、なぜかアデナは子供っぽく感じる。なぜ?
ホルトもいまいち冷たいようには見えないし、ちょっと設定が中途半端だったような気がします。。。
マックスがかわいかったです。
Price of Surrender by Jayne Ann Krentz

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック