牧神の午後 山岸涼子 by 図書館

図書館の本

内容紹介(BOOKデータベースより)
”翼を持ったものには腕がない” ”腕がある者には翼がない” 20世紀初頭、パリの人々を驚かせたロシアバレエ団(バレエ・リュス)の伝説的ダンサ-ニジンスキ-の生涯を描いた傑作。

天才にははやり平凡な幸せは望めないのでしょうか?でも彼の踊りを見れた人達はそれは幸せだったのだと思う。
狂気と呼べるものがなければ天才としての名声はなかったんだと思う。

言葉が通じない結婚、かぁ。

ニジンスキーは名前しか知らなかったので何かあったらまた見たり読んだりしたいなと思った作品。

大人のバレエ入門がたのしかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック