曲を思い出すとき

例えば
ベートーベンのピアノソナタ「告別」といわれたら
曲を思い出すときわたしの頭の中ではクラウディオ・アラウの演奏で「告別」がながれます。
ほぼ全ての曲をこうやって誰かの演奏を基準にして曲を覚えいます。
それがCDだったり、友達や先輩の演奏だったり、時には自分の演奏だったりしています。(←これは楽譜付きで思いだすのですぐわかる)
今朝FM方法から流れてきたブラームスの弦楽6重奏 第1番。
この曲は大好きで特に学生時代はこの曲をなんども繰り返し聴きました。
あんまり好きで苦しくなる第2楽章。可愛らしい3楽章。
でも今朝は出勤時間前の時間しか聞けなかったので、第2楽章の頭までしか聴けませんでした。
もう1日中この曲が頭の中を流れていて聴きたくてたまりませんでした。
なので帰宅後アルバンベルクが演奏しているCDを聴きました。

あれぇ?
頭の中で流れていている演奏じゃない!
わたし誰の録音でこの曲覚えたの?
CDを再度探したんだけど他のものはやはり所蔵していませんでした。
むー頭の中のこの音、演奏、誰の演奏かしら?この基準になっている演奏者の演奏で聴きたいです
どうしましょうね?

多分テープとかに録音して聴いたのが基準なんでしょうが…
しばらくはこのブラームスがテーマ曲となりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年02月07日 09:58
 こんにちはー。
めっちゃ良い曲ですね><
2011年02月07日 12:12
ちよ様
いらっしゃいませ。
この曲はこの2楽章が一番好きで、好きでしょうがなくて胸が痛くなるくらい、好きです。(すいません、語彙がなくて)
3楽章もかわいらしくて素敵なので、チャンスがあったらきいてみてくださいね。

この記事へのトラックバック