クリスティアン・ゲルハーヘルバリトンリサイタル 冬の旅

mu-taroが録画しておいてくれたゲルハーヘルのシューベルトの冬の旅を見ました。
Christian Gerhaher (baritone)
Gerold Huber (piano)
2008年2月1日/東京・王子ホールにて収録されたものでした。

とてもいいバリトンさん。
ただ、冬の旅はディスカウとか、白井光子とか、ボストリッジとか、ほんとうにいろんな歌手のもので触ってきているので、感動というものにはなかなかならないのが残念ではありました。

やっぱりリートって歌い手ではなく、ピアニストの技量を問われる気がする。。。。。
アンサンブルピアニストさんなんだけど、ソリストと同じ何かが必要なんじゃないかしら?

ゲルハーヘルの声でフーバーのピアノです。
やさしい、やさしいシューマンです。


いい歌手さんだけにもっといろんなピアニストで歌って欲しい。
そして機会があったらコンサートいってもいいな。
そんな風に思った冬の旅でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック