ドレスコード

ここ数日で
別々の場所で違うお友達が
クラッシックコンサートでの演奏者のドレスについて話されていてふぅんって思ったの。

一つ目はワシントンポストの記事
http://www.washingtonpost.com/blogs/classical-beat/post/on-the-lack-of-classical-style/2011/08/09/gIQAnkLq4I_blog.html

これに対して、別にいいじゃん、という意見。

もうひとつはドレスをみるとどういう音楽を演奏するかがわかるという意見。

わたしは学生時代に、なぜ演奏家は、演奏するときに正装するのか?
男性はタキシード、女性はロングドレス。
その意味を考えたら奇抜な格好は出来ない。
って教えられたので、
ワシントンポストの記事に対して、別にいいじゃん、とは思わない。
演奏家は演奏家のルール(もしくはステージマナー)が歴然と存在するのだと思う。
若いから許されるというものではないんじゃないかなぁ。
クラッシックは決まりごとか多い。
その中で表現を磨いていくのだからドレスコードもまもったほうがいいんじゃないかしら?とわたしは思うのでした。


演奏家の好みを反映しているからドレスと演奏は共通項多いかも。
とは思う。

白井光子さんは何かのインタヴューの記事で
ドレスの選び方もシュワルツコップに習ったとおっしゃってます。
彼女のドレス選びも素敵なんですよね。

ステージはすべてがみすかされるんだなぁ、って
お友達2人のドレスの話で思ったりしています。


そういえば映画「トゥーウイークスノーティス」のドレスはどれもこれもかわいかった!
ま、ステージ衣装にはならないけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック