子どもたちへ贈る“アキラさんのお年玉”@りゅーとぴあコンサートホール

今年最初のコンサートはこちらでした。
画像


甥2人にお年玉としてコンサートチケットを子供1枚、大人1枚のペアで渡してあったの。
愚弟と義妹と4人で行くかなぁって思っていたんですが、なぜかわたしがお供でした。
宮川彬良は好きなので、喜んで行きました。

アンサンブルベガ メンバー

作・編曲・ピアノ/宮川彬良
 
第1ヴァイオリン/辻井 淳(元京都市交響楽団コンサートマスター)
第2ヴァイオリン/日比浩一(名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター)
ヴィオラ/馬渕昌子(紀尾井シンフォニエッタ東京)
チェロ/近藤浩志(大阪フィルハーモニー交響楽団トップ奏者)
コントラバス/新 真二(大阪フィルハーモニー交響楽団トップ奏者)
クラリネット/鈴木豊人(紀尾井シンフォニエッタ東京)
ファゴット/星野則雄(関西フィルハーモニー管弦楽団トップ奏者)
ホルン/池田重一 (大阪フィルハーモニー交響楽団トップ奏者)
構成・脚本/響 敏也(作家・音楽評論家)
 
プログラム 
♪すみれの花咲く部屋…F.デーレ・宮川彬良
♪森を歩こう…ヤンコフスキー
♪四羽の白鳥の踊り…チャイコフスキー
♪モルダウ…スメタナ
♪雷鳴と稲妻…J.シュトラウスⅡ
音符の国ツアー ~森から来た楽器~
♪モーツァルト『ディヴェルティメント』
♪悪魔のトリル …タルティーニ
♪プリンク・プランク・プリンク…アンダーソン
♪白雪姫…チャーチル

アンコールはゆうがたクインテットのテーマ曲とあとなんだっけ?忘れちゃったけどラデッキー行進曲とかノリのいい曲でした。

甥1号は興味ないだろうなぁ、甥2号はちょっとは楽しめるかな?とか思っていたんですが
思いのほか甥1号も喜んでくれました。
一番意外だったのは義妹。
コンサートって結構みんな足を運んでいるものだと思っていたのですがクラシックは経験がないのね。

いつも宮川彬良の音楽センス、アレンジ能力、音楽を魅せる技術、話術はすごいと思うのですが、それが遺憾なく発揮されていたコンサートだと思います。
子供に媚びることなく飽きさせない。
これって簡単そうで難しい。
途中途中で笑いを取りながら進めていく。
このアンサンブルベガ上手い人の集まりなのでざわついていた会場も音楽が始まって30秒もするとみんな引き込まれて静かになる。すごい、って素直に思います。
それが音楽の本来の力なんだよね。

とりあえずみんな満足してくれてよかった。
来年も、って言葉がわたしにはお年玉となりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック