東京交響楽団 第76回新潟定期演奏会@りゅーとぴあコンサートホール

画像


またまたチケットを頂いて行ってまいりました。

会場についてまずチェックするのはコンサートマスター。
きゃーやっぱりニキティン氏。
彼がコンマスの時は弦全体がニキティン色になるので好き。ってか彼の音しかわたしが聞いていないせいかもしれませんが、音も音楽も大好きなんです。(ずっと言ってるけどね。)

指揮:ユベール・スダーン
ヴァイオリン:戸田弥生
ソプラノ:新垣有希子

モーツァルト
♪歌劇《フィガロの結婚》序曲 K.492
♪ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調K.219「トルコ風」
♪歌劇《フィガロの結婚》K.492 ~スザンナのアリア「さあ、ひざまづいて」「恋人よ、早くここへ」
♪コンサート・アリア「あなたは今忠実ね」K.217
♪交響曲 第38番 ニ長調 K.504「プラハ」

オーケストラはとても明るい音でモーツアルトにしていて、いい演奏だったと思います。
惜しむらくは金管と木管がときどーきおおーーい!ってくらい重くなるのよね。
弦はとっても良かったと思います。

ソリストが2人いらっしゃったんですが、個々の感想はおいておいて、自分の勉強になったというか、気になったこと3点。

その1「拍感」
子供のころ大縄跳びってしませんでしたか?
タイミングを見て、大縄の中に入って、みんなで縄跳び。
あれに入れなかったんだろうなと思える拍感での演奏はどうなんだろう?
拍感って大事だとはわかってたけど、ぶっちん!と音楽の流れがきれるというのは初めて演奏としてみた気がします。
拍感はワルツとかで顕著に見えるけど、日本人は不得意分野だから精査し続けなきゃいけないのね、てそんな演奏がありました。
プロなんだからさ、もうちょっとがんばろうよ、ってね思うわけです。せっかくのオーケストラのいい演奏、ぶちぶちぶった切れるのはそれこそソリストの特権なんでしょうけどあんまり聞いていて心地よくはありませんでした。

その2「発音」
ま、こう書いちゃうと歌なんだけどね。
日本語はほぼ大多数の発音が子音+母音で成り立ってると思うのね。
今回のアリアは両方ともイタリア語だったの。
イタリア語は発音は割りと日本語に近いけれどやっぱり日本語ではないの。
なので、子音+母音+子音子音+母音 みたいなのがあるのよね。
でとーっても耳についたのが「intorno」の発音。
フィガロのアリアで何度も何度も繰り返し使われる単語の1つなんだけど。
そばに、とでも訳しましょうか。
イントrノ って発音するんだけど、このソプラノさん
イントルノ ってしっかりrに母音くっつけて発音するのよね。
子音だけって一瞬uの母音つけたように聞こえるんだけどぜんぜん違うのよね、子音だけ発音する。
で母音が増えちゃってるわけだから、音符の中での発音の処理がおかしくなってるの。イタリアで勉強してるのになんでだろう?
やっぱり発音は気になるのでした。

その3「テクニック」
もちろんすべての音楽家は音楽を奏でる際にテクニックを駆使しているわけですが、それ見せていいの?って話。
音楽を聞いてもらうのにものすっごく邪魔だと思うのはわたしだけ?
そうやって体ゆすらないとそのパッセージ演奏できないの?あ、やっぱりミスったわね、なんて思って音楽聞く音楽って悲しいと思うのです。
確固たるテクニックがあれば表に見せずともできるものね。表に過剰に見えると音楽がこける。
早い音型で「ドレミファソ」ってあったとするとね、ドとソははまってるから大きな傷でははいんだけど、レミファが滑って音になってない。そのときに体が絶対変な風に動くんだよね。んなことしたってできないっての。テクニックはテクニックで身に着けろ、ってこういうことね、と自己反省も込めて聞いてました。
音楽がよければ、いいじゃん、なに重箱の隅つっついているの、っていう意見もあるかもしれませんが、わたしは気になった。いい音楽であればあるほど、そのごまかしが耳に残る。もったいないと思う。
テクニックはお客様に音楽だけを聴いてもらうために必要だととある演奏家は言います。わたしはそれに賛成。あ、音が滑った、音程甘かった。そんな風に思ったら音楽が途切れるもの。
プロだもんね、がんばってほしいです。

お二人とも美人さん。
ヴァイオリニストはエメラルドグリーンのドレスでまぁ、大胆なスリット入り。
ソプラノさんはパニエしっかりはいった広がるスカートタイプの白のドレス。
美人は得だわ。
とくにソプラノさん、スダーン氏手玉にとってましたもの。
お客さんは満足だった様です、ブラボーかかってました。

今回のモーツアルト、オケとしてはかなり完成度が高くて安定して聞けたのが良かったと思うの。

とにかくニキティン氏のヴァイオリンに酔いしれたコンサートでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック