2013.10.6/レッスン

SchumannのWidmung 3回目。
ピアニストNadzさん同行。

ムジカ・パストラーレの定期演奏会後だったので
同門生のこみこみ妻を連れて行きました。
久しぶりに会うっていいでしょう???
最初は挨拶して帰るっていっていたのですが、結局最後まで聞いてくれました。

発声は母音が変わることが増えたし、言葉を使っての発声。
久しぶりにやったわ、how are youの発声。
発声で言葉のニュアンスつけろって始めて言われたかも。
how are you のyou はそこにいてくれるyouだよ。
うーーーん
発声時に言葉の色つけろって。。。。

Widmungもdu
つまり英語のyou
du = あなた
その言葉の処理の仕方。
du とついになるich
発声のテクニックで処理できる声が早くほしい。
この曲はたくさんdu が出てくる
そのすべてのdu の行く場所をみつけること。

シューマンの早い音のニュアンス
シューマンのritとa tempoの関係
2分の3拍子 2分を使う意味 4分の3じゃない理由
そしてクララを微笑ませるための「音」と「歌詞」

次からはLied der Suleikaになりました。
難しいなぁ。

高校時代から何のかんのといいつつ歌い続けていますが
本当に今の師匠じゃなきゃ今の声にはならなかったと思うのね。
私は声がないし、いい歌手ではないのです。
でもしっかりしっかり師匠が作り上げてくれたのでなんちゃってソプラノの声に今はなってると思うの。
学生時代のだめな声を覚えてくれているのがもうmu-taroとこみこみ妻だけなのね。
そのこみこみ妻がレッスンを聞いてくれていってくれたこと。

ああ、T先生の作品になったねぇ。
細部にわたって先生の作品だという声になったのがわかる。

とてもうれしいコメントでした。

そしてピアニストさんのすごさは私が歌うところとソロのところのコントロールが絶妙だと。
そうだよねぇ、音を落としたように聞かせないで私の声のボリュームに合わせてくれる。。。
師匠にしろピアニストさんにしろ
ありがたいなぁと再度確認したレッスンでした。

次はちょっと悩んだけど2週間後。
がんばってズライカ譜読みします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年10月10日 10:16
本格的に勉強されていますね。シューマンの音色やテンポ感など、演奏解釈は難しそうですね。 この記事を読んで、シューマンのズライカって、今日初めて聴いてみたけど、シューベルトのズライカとは、だいぶ感じが違うんですね~!!歌詞は同じだと思うけどシューマンのほうが官能的に聞こえました。
2013年10月10日 20:13
youtubeで音源貼ろうとおもったんですが、みんなシューマンルール(勝手に命名w)無視しているのが多くてやめたんです、ごめんなさいね。
シューマンは官能的になるし、ちょっとロマン派の奏法では収まらない部分もあるから繊細に扱わないと音楽にならないような気がします。
歌の師匠がリートの専門家。プロにつけるようなレッスンしてもらっていて本当にありがたいことだと思っています。

この記事へのトラックバック