2014.6.14/レッスン

Schumann Liederkreise Op.39-3 Waldesgespraech 2回  ピアニストnadzさん同行。
今日はポールを使った体操から。
もうね、師匠の前で仰向けに寝る、とか、腹ばいになる、とかが平気で、
ヨガポールを背骨に沿わせて膝を立てて仰向けになる、とかやってごらん、ていわれても戸惑わない自分がいる。
こうやって横になって
画像
(画像はkawaseさんからお借りししました)
発声しながらおきてごらん、とかね。もうありえなーい。
でも師匠はできる。すごいなぁ。
何をしているか忘れちゃうくらい、大変。
でもこれがトレーニングだよ、と師匠。ふむ。

そしてWaldesgespraech
これ本当にわたしには難しい。
でもこのレッスンで 『なぜ難しいか』『どこが問題か』がクリアになったように思います。
すべては息で解決できるんだけど。。。

Frau ではなく Weibを使う意味。
森での音の響き方。
場面の切り替え。
そしてローレライの心情。

つめればつめるほど歌えなーーい、なんですが歌えるようになるヒントたくさん。
地道に練習すれば歌えるかも?っていう希望が見えたような気がしました。

裏拍だけでなく、拍のとり方で頭が動くからはそれは直そう。
そうやって歌っていてうまい歌手はいない。

だから、うまくないってば、って思ったんだけど余計なことは言わないw
ロック聴いていくと特にだめみたいだなぁ、と反省中。
次回もこれ!って思ったんだけど、
1~3は2人であとは見ておいてね。
次はDie stilleだね。

えっと、師匠、Liederkreis は抜粋で、っておっしゃいましたよ?
っていえば
ああ、7曲目のAuf einer Burgがまだ難しいかなぁ、って思ったんだよ。
でも難しくてもやってみてまた最後にトライすればいいから
次は4曲目。
ちょうどピアニストさんもいらっしゃれないレッスンだからたくさんしゃべっていらっしゃい。

Die stille 早口言葉なんだけど。。。。
ゆっくりでいいからちゃんと読んでいらっしゃい。

なんかペース速くない?
でも一応師匠が満足するところまではできた、と思うことにして、次いきましょう。
次は2週間後です。
次のDie stilleはこんな曲です。
どこが早口かわかるかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

wasabin.seesaa.net/
2014年06月20日 22:22
こんばんは~
ポールはジムで他の体幹を鍛えるプログラムとやってますが、それで声を出したことはありません。きっと変化に気づくでしょうね。

時々思った声が出せない時は椅子に座り足をあげて歌わされます。
腹筋が使われ、喉が事前と開きます。

先日「ドイツ語曲って皆早口言葉ですか?」の質問に「そうでもない」って返答でしたが、知らない言葉は口がまわりませ~ん。

2014年06月22日 15:34
やはり、どんなに上手な方でも基本は発声なのですね~って思い知らされます。息の入れ方、コントロールの仕方など、身体を使えっていうことなんですよね。私も以前、先生の個人レッスンを受けていたとき、V字バランスみたいな姿で発声をしたことがありましたけど、腹筋なんだな~。インナーマッスルなんだな~って、思います。

ドイツ語って、子音が並んだときが難しいです。schやtとzdなんかが繋がると、忙しいことになりますよね。
2014年06月24日 19:05
wasabinさま
やっぱりジムでトレーニングするようなことを声楽のレッスンに行ってるのね、わたしたちw
いすに座って足を上げる。これもトレーニングの中の発生のひとつです(書いてませんがw)
足を上げながら、呼吸と筋肉と動きの確認して、声を出す。見た目より、大変ですよね。

ドイツ語はイタリア語に比べると子音が多いので早口言葉ですよね。
でもね、ポーランド語(スラブ語)の歌を歌った後はドイツ語も母音が多いなぁ、と思えるようになったのが今の強みかもしれません。
ドヴォルザークのチェコ語とか、チャイコフスキーのロシア語歌うと、ドイツ語楽になるかもしれませんよ???

本番間近ですね。がんばってくださいね!
2014年06月24日 19:09
yu_mamaさま
きちんと歌える歌手には必要ないのでしょうが、声のないわたしなどはとっても必要なんですよ。
これをしてるから少しずつ声がブラッシュアップされてるのねぇ、と思うこと多いです。
普段から運動をする習慣のない私には、発声のトレーニングがいい運動になるのだと言い聞かせてできることをしていってる感じです、近頃のレッスン。

ドイツ語は子音が多いので難しいと思うことありますが、近頃とっても思うのは長母音と短母音の前後の子音の処理の方法が難しいのです、わたしには。
でももうイタリア語の曲に魅かれない自分がいるんですよwある意味マゾですなwww

この記事へのトラックバック