湯殿山神社

父の供養を毎年出羽三山でお願いしているのです。
6月が父の命日、そこにあわせて神社に行くのですが、去年、今年とわたしが栃木なので夏休みにずれこみました。

それが湯殿に着く前から変。
途中、間が入ってまわされるし。。。

湯殿はもう、歩けません、てくらい、重い。。。。

気がついたら、叔母の49日、たってないじゃん!

母にいったら

もう予定をたてていたし
叔母といっても父のお兄さんの奥さんだから血のつながりがないから大丈夫だと思った

だって。

あのねぇ。。。。


次の参拝はいつになることでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2014年08月30日 13:55
参拝お疲れ様でしたどこの宗派でも、こまめに参拝するのは良いことですね。…身内、親戚、子孫たるものとして、きちんと供養することは大事ですよね!私の甥など「面倒くさい」なんて言って、年に一度のお墓参りにも行ってないですよ呆れてしまいますぅ~!
2014年09月02日 19:45
ぬえさま
うちの甥たちもそうなりそうだなぁ。
でも、生かされていて、守られていて、自分の行動はいつでも神様やご先祖様に見られている、というのは叩き込みたいと叔母ちゃんは思っています。
男の子は一つ足かせのようなものがあってもいいと思うのですよ。さてさていつまでついてきてくれるか、見ものです。

この記事へのトラックバック