横浜むさしの会50周年記念コンサート@横浜みなとみらいホール小ホール

みなとみらいの小ホール初めて行って来ました。
いつからぶりなんだろう?
本当に久しぶりの横浜桜木町近辺。
残念ながら本日はだれとも予定が会わなくて一人なので散策しないことになりそう。
まずは映画後電車に飛び乗ったのでランチを撮り損ねてしまいました。
なのでせっかくの桜木町ですが、Subwayです。
画像

アボカド&シュリンプです。
時間の余裕もそんなにないのでさくっと食べて
コンサート聴いてきます。

画像


前半ピアノ5人。
後半は6人の歌手でCosi fan tutteのハイライト。

ここは小ホールを作る予定がなかったとかで、反響版のないホールでした。
ピアニストさんの指のタッチの音がするのはそのせいかしら?
でもピアニストって因果なものだよね。
同じピアノを数人で弾くから、音色から音楽性から違いが聞こえる。
同じ楽器を使うのってピアノだけでしょう?
それって恐ろしいと改めて思ったの。
メトネルってちょっと調べてみようかしらと思った曲でした。
J氏が弾いた曲はやっぱり評価が辛くなるのはご愛嬌。

後半はオペラ。
日本語で一寸びっくり。
軽く演技付。
日本語って難しい。
どんなに声が大きくても、日本語が聞こえなければ、日本語で歌う意味ってないのではないか。
いい声でも言葉が聞こえないのはもったいない。
そして6重唱になったときのバランス。
あれも曲として自分のパートってどうするべき?って考えない人もいるのね。
それっていい声で大きい声だから、な気がする。
ピアノより、6人で歌うほうが怖いと思った舞台でした。
ほぼ語りと重唱で構成された舞台でしたが、各役のアリアがなかったのが残念。

そして日本語でモーツアルトをやるのは難しいのね。
色々感じるところがあったコンサートでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

wasabin
2014年09月30日 10:12
そんな早朝から映画!って興味があるから行けるし居眠りしないんですね (^^)♪

翻訳物のオペラは微妙ですね・・
私は和物でさえ、先入観で避けてましたが、2013年2月の記事にしたんですが、
言葉も発声も芝居もオペラとして素晴らしいの一言でした。

2014年10月01日 19:41
wasabinさま
朝早く感じますが、平日に比べると2時間遅い行動なので、あんまり眠くなかった映画です。
面白かったですよ。

そう、日本語ってきっちり歌ってもらえるととてもいいんですけど、発音が難しいですよね。
過去の記事、あさりにいきますね♪

この記事へのトラックバック