小林玲子ソプラノリサイタルVol.5@和光大学ポプリホール鶴川

画像


ピアニストさんが伴奏して、ソロもあるというので
午後からお休みとって楽しみに言ってきたんですが





が!!!!

土地勘のないところで車で行くものではありません。
1時間前に到着予定で出発したのに

到着したのは最後の2曲。
ありえないでしょ?

都内横断するコンサートに行くときはもう二度と車は使いません!キッパリ!

ロマン派のオペラを得意となさる小林先生。
最後がモーツアルトだったのが個人的に残念でした。
イタリアオペラが素敵なのです。

感想も何もあったものではなく。

次の機会はちゃんと全部効けたらいいなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年10月22日 13:07
ありゃ~っ!!!なんと…間に合ったのは、最後の2曲だけ?!おわあ~!それだけに、最後の選曲は重要ですよねロマン派のオペラが専門の方の本格的なコンサートだったんですね~それだけに無念でしたよねまた、同じ方のリサイタルが早くあれば良いですね。
キーブー
2014年10月22日 17:20
あらら・・・最後の2曲だけとは、残念でしたね
映画だと途中からは入れてもらえないのだけど、コンサートはそうでもないのですね。
2014年10月22日 18:52
ぬえさま
そうなんです、ほんと聞けてよかったです。
ベッリーニの清教徒のアリアでした。

2年前にも彼女の歌は聴いています。
また聞く機会があるとは思うので、ゆっくり気長に待ちたいと思います。
2014年10月22日 18:55
キーブーさま
ですよね、普通は途中で入れないのですが、前の曲がオペラドンジョバンニのアリア 次の曲がベッリーニの清教徒 歌手がイメージを変えるために一度舞台袖に引っ込んでくださったので拍手の合間にはいれました、ふう。
もう絶対都内はつっきりませんよ。ほんと2時間とナビが出した道4時間半以上かかりましたもの。

この記事へのトラックバック