神恩報寶@羽黒山神社

この時」にもうすでに、お礼参りの日を本日に定めていたわけです。
予定通り行って参りました。

大事な方というのは、声楽の師匠でした。
今は技術が進歩して術後2日で退院というスケジュール。
いくら切る傷口がちいさいからといえ、大丈夫なのかと思ってしまって。
100人に1人の死亡率の手術、とかいわれると、心臓だけに恐ろしく感じてしまって神頼みをしないわけにはいかなくなったのね。
なにかにすがらないわけには(わたしの気持ち的に)いかなくて、祈祷していただいたのが前回。
無事手術も終わり、退院なさり、順調にレッスンも再開されたのは
きっとなにか神様の背中押しというか力添えのおかげもあったのだろうと思えるの。

どの神様、どんな宗教でもいい。
いざというときに、こうしてすがれる神様がいるというのは感謝以外何者でもないのだと
若いときには思い当たらなかった気持ちと向き合いました。

宗教は、人生の真ん中にすえるものではない。
なにか、いざというときに、手を伸ばせば触れる場所において生活するのが人間の営みとして正しい形ではないか。

そう教えてくれた方の言葉が身にしみます。
事が起き、すがり、かなえていただき、感謝をささげてきました。
それを神社では
神恩報寶(しんおんほうさい)と呼ぶようです。

行きの途中の道の駅。
近頃は高速道路を使うので使うことが減っていましたが
母がここの笹団子がほしいからと行きはした道でむかいました。
道の駅はこの子に迎えてもらいました。
画像

ドラえもんもクリスマス仕様です。
なんか味あるよね、このドラえもん。
この道の駅でぽっぽ焼きを売っていたの。ええ、買うでしょう、そりゃ。
画像

新潟県下越地方限定のおやつ。うーん、ちょっとはずれ、でしたがwまいっか。

お昼は羽黒神社のお茶屋さん。
お茶屋さんも冬支度で、今日でお店を閉めるとかで、お餅が売り切れだったのがちょっとだけ残念。
でもきのこうどんであったまりました。
おいしかった。
画像


新潟を出たときはぐずついていた天気も、神社では青空で迎えていただき、
新嘗祭後のきちんと開いた神前に参ることができたこともただただありがたいことでした。

たぶんこれで今年の出羽三山詣りはおしまい。
来年もたくさんご縁をいただけますように。

手術の成功、術後の回復、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント