2014.12.27/レッスン

今年最後のレッスンでした。
今回は一人レッスンで、声中心のレッスンとなりました。

今の私は横隔膜と肋骨と、息を投げる場所がきちんとポジションが決まれば声の響きが出てくるような気がする。
今日はピアニストさん来ないんだっけ?
はいと答えれば
ちょうどいい、みるてを縛ろうか?
え?

肋骨の上からゴムチューブで縛られましたw
でもね、これがいい練習。
これうちでもやろうかなぁ。

そして時々師匠はわたしの頭の中をスキャニングしてるのではなかろうと思うことがあります。
画像


これ、数日前にオークションに出ててほしいなぁ、って思っていたのね。
そしたら、

ミュンヘン国際音楽コンクールで白井さんがね
と、くる。
今までシューマン歌曲コンクールとか、ヴォルフ歌曲コンクールとかのエピソードは聞いたこと歩けど
なんでこのタイミングで出てくるかなぁ、ミュンヘン。

話をすれば、僕もほしい、とおっしゃる。
ええ、私もほしいのでがんばりますと伝えたら
予算が難しければ僕も出す、それくらいほしい、とおっしゃるし。
無事落札できますように。

来年1月末のホールレッスン
シューマン2曲は決まっていたのですが
ブラームス1曲足しました。
いろいろ候補を持っていったのですが、師匠は即答。
私の声も聞かず
今ミルテの勉強になるのはこれしかないでしょう。
数年前に舞台にかけたImmer leiser wird mein Schlummer Op105-2
に決まりました。

来年1回目のレッスンはピアニストさん同行。
3曲見てもらうこととなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント