2014年衆院選選挙と最高裁判所裁判官国民審査

ばたばたと決まった感のある衆院選挙ですが、決まってしまえば、それに向けてお勉強しないとなにもわからないんですね。
日頃政治に興味を持っていないわけではない(いいわけw)ですが、なんせよく分からない。
国会の予算審議で野党の質問がどのカテゴリーでもかまわないなんて、ついこの前まで知りませんでした。予算審議であれば予算のことで審議するんじゃないの?って思ってました。でも、法案的に渡り合える案がなければ、そこは避けて通り、「うちわ」とかの話をするんだそうな。
同じ日本の議員どうしてつぶし合うって、他にすることないの?とか思っておりました。

でもここ数年、政治に関しては、私の頭でも理解できるように説明してくださる人を得たので、こちらが色々調べて分からないことを聞く場所ができたのです。
本当に助かっていますし、ちょっとは分かるようになってきました(あくまで個人比でちょっとだけ。)

わたしは現在栃木に長期出張中なので、期日前投票をしてきました。
ええ、1週間早く気持ちを決めなくてはならなくて、色々あせって調べました。
小選挙区はほぼ考えないですみましたが、問題は比例区。
このシステムがいまいちよくわからず、システムから調べ、納得し、そこで激しく悩みました。
どの党にするか?でもその党を支持したことによって、落ちてほしい議員を救う可能性があるっていわれると、どうしたものかと悩みました。
一応結論を出して次分からないのは最高裁判所裁判官国民審査。
これはいままで白紙投票だったので、今回はちょっと調べてみよう!とネットを開いたら出るわ、出るわ、情報の山!
普段最高裁判所での判決なのか地方裁判所での判決なのかも気にせずニュースみてますが、調べて載せてくださる方々に感謝です。
これは思ったより簡単に決まりました。判例がひどすぎるんですね、ほんと。
調べていただければわかるのであえて詳しくは書きませんが、日本が国益を損ねる判決もあってびっくりでした。その判例については裁判があったことも知らなかったので、それについては反省中です。

1週間前にその教えて下さる方にちょっとお伺いをしてから気持ちを決めて、期日前投票に行ってきました。
新潟市の隣の小さな市の市役所での投票。なんであんなに人がいる?ってくらいスタッフ多数w。
私一人に7~8人ぐらいのスタッフ。すごいなぁ、人員配置。
無事投票して数分で終了。出口にはY新聞の人が出口調査してました。
こんなちっちゃな市の期日前投票まで人をつかうって、Y新聞お金持ち~って思ったのです。
でもこれがあるから開票数分で「当確」とかでるのよね。

結果はみなさまご存じの通り。
不正があったのじゃないか?というのもありますが、体制は変わらないでしょう。
それにしても衆院選の速報はネット、テレビ、なんかで報道あったけど
最高裁判所のほうがほぼ報道がなくw
なんだろうね?このギャップ。

投票誰にしたらいいかわからないし、誰がなっても変わらない。
だから選挙は棄権。
そういう人には白紙投票を勧めています。
推す人がいません、でも選挙権は行使します。
その意思を見せてね、といったのですが、うちは愚弟が行かない馬鹿者です。
今年は行ったのかしら?
あとで母にきいてみよっと。

ネット上で
選挙に行かない男とつきあってはいけない5つの理由
というのがあってひじょーにふかーく頷きながら読みました。
おもしろかったので、こちらも是非。
http://blogos.com/outline/52317/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2014年12月26日 10:29
今回の選挙に投票できなかった海外在住の身ですが、結果には残念のひとことです。投票率の悪さ!なんなんでしょうね。
「選挙に行かない男とつきあってはいけない5つの理由」おもしろかったです。納得です。

小選挙区制度そのものが違法なんじゃないの?と思います。違憲裁判もありましたが、これも与党に有利な制度ですよね。組織票を持っている集団に対して、世の中を少しでも真剣に見るならば、まずは投票所に行くことですね。

社会の問題は景気回復さえすればなんでも解決するかのような総理の暴走を止めねばなりません。経済のことだけでなく、注目すべき争点があったはずなのに、メディア情報に振り回された感じもありますし、野党の主張が曖昧だったことも良くなかったな~と思います。
要は国民が無関心では ダメだということなんですけどね。意思表示をしなきゃね。
2014年12月31日 21:21
yu-mamaさま
低かったですね、投票率。
自分の頭で考えない人、増えていそうですね。
「ヒットラーもドイツ国民が選んだのよ」
といわれてから、自分の頭を使って考えています。
yu-mamaさまは選挙は英才教育受けてるようにブログ拝見しました。
わたしも頑張って勉強します!
2014年12月31日 21:31
「選挙に行かない男とつきあってはいけない5つの理由」、なるほどですね(^O^)
今年も、我が拙いブログにお運びいただきありがとうございました。来年もまたよろしくお付き合い下さいませ(*^_^*)
良いお年を♪
2015年01月06日 21:42
キーブーさま
お返事遅くなりまして、すいません。
PC壊れててw
今年もよろしくお願いいたします。
そう、この選挙に行かない男とつきあってはいけない5つの理由は若いときに読みたかったですw