香取神宮 鹿嶋神社 両参り

日曜日朝11時からフェス。
フェス終了予定が22時。
そこから終電で栃木に戻り、朝6時からお仕事ってありえない!

って思って年度末のバタバタですが、最終日でもないので月曜日は早々にお休みを申請しておりました。
そこへこなつさんが、ミルテさん、この日休めないよね?
と連絡が来たのは笑えるほどgood-timing

こなつさんが香取神宮の女神様に呼ばれたというので、
一緒に参ってきました。

香取神宮なんて彼女に言われるまで知らなかったわたし。
でもこうしてちゃんとご縁をいただけたのはありがたいと思うのです。

画像


香取ではきちんと神様の名前を唱えられず正され、
鹿嶋は鹿嶋でいいと教えられ、
2神社とも軍神ですが、厳しさの異なる2社に詣でられてとてもいい1日となりました。

こなつさんは優婆尊のご縁を頂いたようです。
新潟にもいらっしゃるのに、このご縁の結ばれ方はすごいなあと思うのです。

両神ともとてもハンサムな神様でした。
戦神なのでとてもりりしいお顔でまなざしでした。

頂いたご縁、だいじにできればいいなぁと思う1日となりました。

こなつさん
お誘いいただきありがとうございました。
いいご縁つむげてよかったです。



この記事へのコメント

2015年04月15日 20:46
香取神宮は初耳ですが神々しく見えますね。神様が沢山いると名前を覚えるのも大変そうですね~神様には、それぞれ得意分野があるのかな?
2015年04月17日 00:23
ぬえ様
知りませんよね、香取神社。
でもお相撲で、香取、鹿嶋、諏訪、と軍神をたたえるようです(わたしも知りませんでした)
日本は八百万(やおよろず)の神がいらっしゃるので、いろんな分野で神様いらっしゃいますね。
キリスト教は一神教ですから、世界が2つあるようで不思議ですよね。