滋賀へ partII

栃木から新幹線。東京駅で乗り換えて東海道新幹線。
京都で新幹線を降りるので、そこでピアニストさんと落ち合いましょう、という段取り。
滋賀に押さえてある宿の駅付近だと、とっても早く飲食店が閉まってしまうので、京都で晩ご飯が無難でしょうという判断。

京都に着いたのが17時半。
ピアニストさんとの待ち合わせ時間まで間があったので駅周辺を散策がてら本屋さん探し。
国家試験で好きな作家さんの新刊買い控えていたので、それを探しました。
目指す本は1冊は漫画本、1冊は翻訳本。
京都の本屋さん結局3件はしごしましたが、翻訳単行本のラインナップが少ないの。
これは3件とも共通していたので他の都市ほど翻訳の物は売れないのかしら。
漫画本もここのところネット購入が主だったのでまあ探せないこと、探せないこと。
気に入って読み始めた作品だから、掲載雑誌などノーチェック。そうするとどこにあるかわからないのが漫画本。
たった2冊買うのに1時間近くかかり、まだ時間があったのでめについたカフェへ。

雨はふっているんだけど蒸し暑かったのでアイスティーって思っていたのですが
18時過ぎていたのでアルコールメニューがついてきたではないですか。
ええ、迷わずモヒート!
画像

一緒にオーダーしたセミドライトマトもおいしかったです。

ピアニストさんは予定を変更して地下鉄で京都入り。
うっちーさんも京都入りなので、3人で晩ご飯となりました。

駅ビルの和食屋さん。
やっぱり関西の味付けは口に合うの。
新潟ってなんのかんのいって、上方文化の影響がつよいのよね。
食文化も惣だと思う。東北より関西の方がしっくりきておいしいと感じること、多いです。
久しぶりにおいしいそうめん、いただきました。

列車のダイヤが乱れまくりでしたが、動いてはいるのね。
滋賀に行く電車を1時間待って1時間かけてホテルに到着いたしました。
蒸すと疲れるねぇ。
私の予約ミスで禁煙ルームじゃなくて、禁煙室に替えてもらおうとおもったんですが、1部屋しかないとのこと。ピアニストさんだけ移動してもらいました。
なにをやってるんだか@自分。
お部屋は広くて、ベッドもおおきくて、テンピュールベッド、堪能いたしました。
わかるかなぁ?漫画本との対比。
画像

シングルなのに広々でゆっくり休めました。

台風は通過するけどあした晴れるかなぁ。
竹生島までフェリーがでなければアウトなんだけど、呼ばれてるはずなんだけど雨なのかしら?
滋賀のメインの半分コンサートは中止だったので、竹生島は行きたいなぁ、とおもうのでした。

この記事へのコメント