2015.8.29/レッスン

英語の歌の発表会があったので、またまたレッスンまでの間隔があきました。

今回もピアニストさん同行。
Schumann Liederkreis Op39-10 Zwielicht 4回目
Op39-11 Im Walde 1回目

しゃべってしまうと息が足りなくなる。
だから言葉の捕らえ方を見直すこと。
2声のピアノの旋律の取り方。
立ち上がりの声のつくりかた。
あけておいてそこに息を通す。
スラーを使ってのアクセントのつけ方。

細かく仕上がりをつけてもらったZwielicht

そして Im Waldeの1回目。
曲の中の不自然さを探すこと。
そしてその不自然さの意味を探すこと。
これは発想がなかったので面白い。
rit.の意味、ついた位置、それも再検証。

次は2週間後。
こちらもピアニストさんと一緒なのでIm Waldeもうちょっと形になればいいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント