朝護摩行@成田山新勝寺

お参りごとのある日は起こしてもらえるので(誰に?w)すんなり予定時刻前に起きれました。
なので行ってきました、新勝寺。

むかーしむかし、2年参りにお付き合いしていた人に連れて行ってもらったきり、それこそ20年ぶりとかそれくらいでの新勝寺となりました。
早起きはとっても苦手なのですが、やっぱりお参りは朝が早いほうがいいですね。
空気が違うと思うのです。

真言宗の経典も持ってるし、何のお経があがったかわかったら私も読経させていただこうと思ってフルセットもって行きました。
そしてお経が始まっていまさらながらあほなことに気がつく。
裏掛行のために120日お天気祈願で祝詞とお経を上げていましたが、不動経(たぶん20分くらいあるお経の中でも一番長いもの)上げていたんです。
お経が始まってやっと気がついた愚か者です。
期せずしてこちらにも無事行が済んだご報告もできました。

新勝寺の一番偉いお坊様(どう呼んでおられたか忘れちゃいました、ごめんなさい)はもうご高齢で、朝の護摩行くらいしかお出にならないとのこと。ありがたいことです。
途中お不動様の近くまで行って祈ることができたのですが、近づけば近づくほど力の強さがわかるというものでした。
そしてありがたいことに羽黒の優婆尊以来2箇所目?の感応いただきました。
ありがたい限りです。

予約もなく、誰でも行にあうことができます。
もしお近くへ起こしの際は早起きして行く価値あると思います。
詳しくはHPにありました。
http://www.naritasan.or.jp/index.html

そうそう
前の座に紋付羽織袴の男性2人、女性5,6人の一団がいらっしゃってまして、お坊様と挨拶をかわしておられました。
あれ、きっと歌舞伎の成田屋一門のかただねぇ、とこなつさんと話してました。
歌舞伎詳しくないからわからなかったけど、きっとそうだよね。
古典芸能は仏事、神事をおろそかにしないのだなと改めて見せられた気がします。

そのあと境内をお参りしつつ帰ったんですが、お不動様のお祭りの日が28日なのね。
わたし、誕生日ではないですか。
その上外に出て気がつく。

また裏掛行の読経の際、御真言も唱えたんですが、「新勝寺不動明王」ってちゃんと名指しして御真言あげてましたorz
気がつかない私もどうかと思いますが、知らず知らず、縁は結ばれるものだと納得したりもできました。

行を終え、ホテルに戻り朝ごはんをいただいてもまだ8時代。
こなつさんは昨日勝ってくれたご子息の野球観戦、わたしは午後から声楽のレッスンとなっていましたが、なんと野球は雨で中止!
本当に雨男の威力、すごいです。誰なんでしょうね?
こなつさんはぽっかり1日あいちゃった形になっちゃいました。
どうする???
で急遽、声楽のレッスンにお付き合いいただきました。

これもまた不思議な巡り合せです。
レッスン前のお昼。フレッシュネスバーガーです。
画像

わたしは師匠宅の最寄駅前にあるのでよくお世話になるのですがこなつさんは初だったようです。

想像以上にこなつさんが電車に弱くて、ああ、車出してもらえばよかったという後悔が大きかったです。次は何があっても車ですね。
いきなりの訪問も対応してくださった師匠夫妻にも感謝です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント