ジャック・リーチャー@TOHOシネマズ宇都宮

疲れてるけど、レディースディで、とりあえず見ておけ、の映画があるなら行っちゃうって結構病んでるかも。
でも安定のズウィックですもの、見るよね?
画像


監督: エドワード・ズウィック
製作: トム・クルーズ
ドン・グレンジャー
クリストファー・マッカリー
製作総指揮: ポーラ・ワグナー
ハーバート・W・ゲインズ
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
原作: リー・チャイルド
『ネバー・ゴー・バック』(講談社文庫刊)
脚本: リチャード・ウェンク
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコヴィッツ
撮影: オリヴァー・ウッド
プロダクションデ
ザイン: クレイ・A・グリフィス
衣装デザイン: リサ・ノラ・ロヴァース
編集: ビリー・ウェバー
音楽: ヘンリー・ジャックマン
原題:JACK REACHER: NEVER GO BACK
2016年アメリカ作品

出演: トム・クルーズ (ジャック・リーチャー)
コビー・スマルダーズ (スーザン・ターナー少佐 )
オルディス・ホッジ
ダニカ・ヤロシュ
パトリック・ヒューシンガー
ホルト・マッキャラニー
ロバート・カトリーニ
ロバート・ネッパー

 リー・チャイルドのベストセラー・シリーズをトム・クルーズ主演で映画化した大ヒット・アクション「アウトロー」の続編。原作シリーズの18作目『ネバー・ゴー・バック』を基に、スパイ容疑で逮捕されたかつての同僚ターナー少佐の潔白を証明すべく、巨大な陰謀に立ち向かうジャック・リーチャーの活躍を描く。共演はコビー・スマルダーズ。監督は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック。
 元陸軍内部調査部のエリート軍人で、今は放浪の旅を続ける一匹狼の流れ者、ジャック・リーチャー。ある日、かつての同僚スーザン・ターナー少佐を訪ねることになったリーチャーだったが、彼女がスパイ容疑で逮捕されたことを知る。何らかの陰謀に巻き込まれたに違いないと直感し、すぐさま拘禁されているターナー少佐を脱出させ、2人で逃亡を図る。そして執拗に迫る追手をかわしつつ、ターナー少佐の汚名をそそぎ、軍内部に蠢く陰謀の正体を明らかにすべく奔走するリーチャーだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

体張りますね、トム・クルーズ。
アクションは自分でやるってすごいと思うのよね。
なんのかんのいってズウィックは面白いし、トム・クルーズの見せ方、知ってると思うのです。
アウトローの続編だからやっぱり似たような観想になっちゃうけど
ジャック・リーチャーはもっともっと冷たく、冷酷であってほしいかなぁ。
今回はティーンエイジャーの女の子も出ているくらいなのでそうなんだろうけど。
続編できそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント