手紙は憶えている@TOHOシネマズ宇都宮

こういう映画はあっというまに上映が終わってしまうし、仕事をしていると見れる時間の上映がなくなるので出来るだけ気がついたら行くようにはしているんです。
第2次世界大戦というテーマは永遠かもしれません。
画像


監督: アトム・エゴヤン
製作: ロバート・ラントス
アリ・ラントス
製作総指揮: マーク・マセルマン
アナント・シン
モイセス・コジオ
マイケル・ポーター
ジェフ・サガンスキー
D・マット・ゲラー
ローレンス・ガターマン
脚本: ベンジャミン・オーガスト
撮影: ポール・サロッシー
プロダクションデ
ザイン: マシュー・デイヴィス
衣装デザイン: デブラ・ハンソン
編集: クリストファー・ドナルドソン
音楽: マイケル・ダナ
原題: REMEMBER
2015年 カナダ/ドイツ作品

クリストファー・プラマー (ゼヴ・グットマン)
ブルーノ・ガンツ (ルディ・コランダー)
ユルゲン・プロフノウ (ルディ・コランダー )
ハインツ・リーフェン (ルディ・コランダー )
ヘンリー・ツェーニー (チャールズ・グットマン)
ディーン・ノリス (ジョン・コランダー )
マーティン・ランドー (マックス・ザッカー)
ピーター・ダクーニャ
ジェームズ・ケイド
ソフィア・ウェルズ
キム・ロバーツ
アマンダ・スミス
ショーン・フランシス
ハワード・ジェローム
ダニエル・カッシュ
デュアン・マレー

 「スウィート ヒアアフター」「白い沈黙」のアトム・エゴヤン監督が「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーを主演に迎え、アウシュヴィッツを生き延びた老人の復讐の旅路を描いたサスペンス・ドラマ。70年前にナチスに家族を殺された主人公が、認知症による記憶障害に苦しみながらも、友人から託された手紙を頼りに復讐へと向かう壮絶な旅の顛末をサスペンスフルに綴る。共演はマーティン・ランドー。
 最愛の妻に先立たれ、認知症も日々悪化していく90歳の老人ゼヴ。ある日、友人のマックスから1通の手紙を託される。そこには、目覚めるたびに記憶を失ってしまうゼヴのために、彼が果たそうとしていたある使命が詳細に綴られていた。2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、ともに家族を収容所の看守に殺されていた。しかも、その犯人は身分を偽り、今ものうのうと生き延びていたのだ。手がかりは“ルディ・コランダー”という名前で、容疑者は4人にまで絞り込まれている。そこで車椅子で体の自由が利かないマックスに代わり、手紙とかすかな記憶を頼りに、たった1人で復讐へと旅立つゼヴだったが…。
<allcinemaデーターベースより>

いきなりネタバレです。
なので見たい人、知りたくない方はここでやめてくださいね。










いえ、設定に問題あるのはいいとします。
どんなに痴呆が進み、自分が「信じる」自分以外忘れ、本来の自分の姿を忘れてしまうという設定が可能かどうか。
設定的に難しいのではないかとは思いますが、そんなことどうでもいい。

真の殺人者はマックスではないですか?
彼を殺人ほう助罪で問えないの?
マックスがすべてを計算して、2人とも殺す、そのシナリオを書いたのは事実。
あの2人に静かに死を迎えさせてなるものか、という殺意がすごいとおもうの。
確かにアウシュヴィッツで家族を殺された復讐心というのはものすごいのでしょう。
でも現在の状況、法律であれはありなのか?
法で裁いてもらうべきではないの???

ユダヤ人がワーグナーを嫌うというのは、いまさらながら考えさせられました。
戦後はまだ続いていて、そしてまだまだ続くのだろうと
そんな風に考えさせられた映画でした。

この記事へのコメント