2017.03.26/レッスン

今日は一人レッスンでした。
R.Strauss Ich trage meine Minnne 3回目と Traum durch die Daemmerung の3回目。

2週間でレッスンに行くのは無謀でしょう、ってくらい練習時間がとれない。
練習ができないならここで練習すればいい、とい師匠の言葉に甘えているので
2週間後とのレッスンとなるのですよ。
でもね、やっぱりレッスンとなると、練習不足だからといって、手加減をしてくれる師匠ではないw
ああ、練習不足ーーと思いながらレッスンを受けることになるわけです。

相変わらずちょっとした変化を逃さずほめてくださるのですが、
練習不足だから、手ごたえというかなんというか。。。
そして、ほめてもらうたびに
あれ?今何したっけ?
と、練習不足なゆえ、反応も悪いのよね。
自分の中で「試す」ことができないのですよ、練習不足だと。
なのでいつもより
あれ?今何したっけ?が増える。

途中師匠の顔が変わった瞬間があったんですが、ん?位の時間で流れたので
忘れていたんですね、レッスン終わるまで。

レッスンが終わったら

ミルテ、今日は時間あるの?
ときかれ、いきなり(またしても)師匠ご夫妻と晩御飯。

食事のとき、
ミルテは僕のところに来てから長いよね
いい加減、良くないのにお世辞でほめたりしないというのを信じてくれないかなぁ

と、いう話になる。。。。

えっと、
疑っているのではなく、
今何したっけ?なにを変えたっけ?と考えているのであって
先生を疑ってるわけではありませんよ?

と答えたんですが、生徒失格だよなぁ。
そこで気がつく。
ああ、この晩御飯はこの話のためですか。

信じてないわけではないんですけど
練習していない分自信がないからなおさら、え?どこが?なにが?ってやりすぎていたのかもしれません。
はぁ、
4月からは練習時間取れるといいなぁ。

次は茨城からレッスンに向かうことになります。
どれくらい時間かかるんだろう???

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック