2017.06.17/レッスン

歯医者さんが1時間で終わるという想定で予定を立てた本日のレッスン。
1時間くらい歯医者さんが長引いたので茨城に来て初、特急で上野まで行きました。
1550円の特急料金ってどうよ?って思っていたのですが、時には良いかも。
だって早いんだもの!
上野まで2時間半近くかかっていたのに特急だと1時間強で上野。時間と体力の無いときは使っても良いかも、と思っちゃいました。

レッスンも1人。
Ich trage meine MinneとTraum durch die daemerungとZueignung
Zueignungの他は暗譜 なんでここにきて暗譜に拘るやら。そして言葉のチェックが厳しくなる。
暗譜してるから余裕あるでしょう?などと師匠は仰るのですが、そんな余裕なんかまるでないのですよ、逆に。
mとn とか、16分音符と8分音符とか、母音が変わるとか変わらないとか、どこでどの深さでのブレスになるか、とか、まぁ細かい指示が山になって飛んでくる。
対応出来ているのかどうかも分からなくなってくるし、自分の声もあれ?ってくらいどこかにいってしまう。いいの?これで?がだんだん増えるのですが、どんどん行くって事はなんとかなってんの?位の気分でレッスンがすすむ。
楽譜が来たばかりのZueingungはやっぱり私には全体的に「高い」のですよ。
練習不足とかではなく、最初っから「高い」の。
とりあえず1回歌って中声用とはいわなくても(完全4度さがるから)自分で楽譜作っても良いから調性変えてもらおうと思っていたのですが、こちらもスルー。
どこが問題?外で聞いている分にはまったく高くない、と言われてしまう。
えっと、ずっとがーーっがーーーっって叫んでるんですけど、といえば、最初はそれで良いと師匠。えっと叫ばないと出ないって言ってるんですが?喉がずーっとハレーション興ぐらいガーガー言ってるんだけどいいの?といっても、それでよし。
まじでですか?かなりきついんですけど。といえば、それは体が出来ていないから、との一言。そーだけどーーー。
ちょっと戦ってはみたけれども、無駄でした。
ただ2点EF当から上の音での母音と子音の発音の仕方を体得できたのは収穫。
ああ、こうすればそうなるのね、って言うのが瞬間ですとんと理解できて、体もついてこれたのは初めての感覚。
たぶんこれは自転車の乗り方と一緒で忘れたり出来なくなったりはしないだろうという脳みその場所で出来たのが大きい。他もこの感覚で体得できると良いので、ちょっとがんばろう。これはきっとコーチングでの脳みその使い方が教えてくれた「覚え方」なんだと思うのです。
師匠は竹生島にいって神様降ろしたなと笑っておられましたが、こわいからやめて。
神様なんか降ろしたくないです、畏れ多すぎて。

そうそう、竹生島にいったのに、師匠宅の白蛇様にはなにもしてなかったので、卵と日本酒をお供えしてきました。
しっかり師匠ご夫妻守って頂いてますから、これからも変わらぬご加護をお願いします。

次は3週間後がレッスンです。

帰りの電車のお供です。
画像

このお水けっこうあたりでした。
レッスンの後はグリーン車なので、疲れたときはビールがお供になってもいいかしら?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック