パトリオット・デイ@TOHOシネマズひたちなか

健康診断でお休みだし、なにか映画見ようと思ってラインナップをチェック。ほんとうに洋画の上映減ったよなぁと思うわけです。
テロの話だから重いかなぁとも思ったんですが、ジョン・グッドマンにケヴィン・ベーコンですと?これはひょっとしたら好きな映画何ではないか?なんておもいつつ行ってきました。

画像


監督: ピーター・バーグ
製作: スコット・ステューバー
ディラン・クラーク
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
ハッチ・パーカー
ドロシー・オーフィエロ
マイケル・ラデュツキー
製作総指揮:エリック・ジョンソン
ポール・タマシー
ニコラス・ネスビット
ダン・ウィルソン
ジョン・ローガン・ピアソン
ルイス・G・フリードマン
原案: ピーター・バーグ
マット・クック
ポール・タマシー
エリック・ジョンソン
脚本: ピーター・バーグ
マット・クック
ジョシュア・ゼトゥマー
撮影: トビアス・シュリッスラー
プロダクションデザイン:トム・ダフィールド
⾐装デザイン:ヴァージニア・B・ジョンソン
編集: コルビー・パーカー・Jr
ゲイブリエル・フレミング
⾳楽: トレント・レズナー
アッティカス・ロス
原題:Patriots day 2016年アメリカ作品

出演:マーク・ウォールバーグ(ボストン警察巡査部⻑ トミー・サンダース)
ジョン・グッドマン(ボストン警察警視総監 エド・デイヴィス)
ケヴィン・ベーコン(FBI特別捜査官 リック・デローリエ)
J・K・シモンズ(ウォータータウン警察巡査部⻑ジェフ・ピュジリーズ)
ミシェル・モナハン(キャロル・サンダース)
ヴィンセント・カラトーラ
アレックス・ウォルフ
テモ・メリキゼ
マイケル・ビーチ
ジェームズ・コルビー
ジミー・O・ヤン
レイチェル・ブロズナハン
メリッサ・ブノワ
カンディ・アレクサンダー
デヴィッド・オーティス

【解説】全⽶に衝撃が⾛った2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を「ローン・サバ
イバー」「バーニング・オーシャン」のピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグ主演コンビで映画化した実録ドラマ。事件当⽇、現場で警備に当たっていたボストン警察の刑事を主⼈公に、地元警察とFBIの合同捜査で犯⼈を追い詰めていくまでの緊迫の⼀部始終をスリリングに描き出していく。共演はジョン・グッドマン、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハン。
2013年4⽉15⽇。50万の観衆がつめかけた地元の⼀⼤イベン ト“ボストンマラソン”の警備に当たっていた殺⼈課の刑事トミー。⼈々の⼤声援を受けてランナーたちが次々とゴールする中、彼の背後で突然の⼤爆発が起こり、多数の負傷者が出て現場は⼤混乱に陥る。トミーら地元警察官が救護活動と事態の収拾に奔⾛していると、FBIのリック捜査官が現場に到着、すぐさまテロと断定、そのままFBIが捜査の陣頭指揮を執ることに。やがて周辺の地理に詳しい地元出⾝者として捜査に協⼒するトミーだったが…。

これバーニング・オーシャンの監督と主演の組み合わせだったんですね。気がつかずに行きました。
こういうテロもの?はグロテスクな場面があったりするから嫌いなんだけど、これは大丈夫な部類でした。それでもやっぱり重いけど。
フットルースを見た人のどれくらいが今のケヴィン・ベーコンの姿を想像していたのだろう。少なくともわたしはこんなに知的でスーツの似合う中年になるとは思いませんでした。
年を重ねて良い役者になったなぁって思う役者の一人です。キレキレのFBI特別捜査官でした。あのめがねの奥からの眼光の鋭さが怖い物がありました。
映画全体としては良くも悪くもアメリカ的な作品でした。
地元警察とFBIのパワーバランス、トミー・サンダースのなかのやんちゃさと正義心のバランス、そしてテロに対する怒り。それら全てが、「great U.S.A」で味付けされていたように思います。
個人的には新婚さんで英語がつたない奥さんが可愛いくて好きでした。
爆発後半狂乱で子供を探す父親がとても印象に残ります。
決して軽いテーマではないボストンマラソンの事件ですが、重くなりすぎず、いい描き方だったと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック