ローガン@TOHOシネマズひたちなか

X-manのシリーズはどこまで見て、どこから見てないんだっけ?とも思ったのですが、気になってしまったし、前作見てないと理解できない、っていうシリーズでもないし、行ってきました。だってヴァルヴァリンがパパって驚きだもの。

画像


監督: ジェームズ・マンゴールド
製作: ハッチ・パーカー
サイモン・キンバーグ
ローレン・シュラー・ドナー
製作総指揮:スタン・リー
ジェームズ・マンゴールド
ジョー・カラッシオロ・Jr
ジョシュ・マクラグレン
原案: ジェームズ・マンゴールド
脚本: マイケル・グリーン
スコット・フランク
ジェームズ・マンゴールド
撮影: ジョン・マシソン
プロダクションデザイン:フランソワ・オデュイ
⾐装デザイン:ダニエル・オーランディ
編集: マイケル・マカスカー
ダーク・ウェスターヴェルト
⾳楽: マルコ・ベルトラミ
原題:Logan
2017年アメリカ作品

出演:ヒュー・ジャックマン(ローガン/ウルヴァリン/X-24/ジェームズ・ハウレット)
パトリック・スチュワート(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)
リチャード・E・グラント(ザンダー・ライス)
ボイド・ホルブルック(ドナルド・ピアース)
スティーヴン・マーチャント(キャリバン)
ダフネ・キーン(ローラ)
エリザベス・ロドリゲス(ガブリエラ・ロペス)
エリック・ラ・サール(ウィル・マンソン)
エリゼ・ニール(キャスリン・マンソン)
クインシー・ファウス(ネイト・マンソン)
デイヴ・デイヴィス
レニー・ロフティン
ジェームズ・ハンディ
レイ・ガジェゴス

【解説】
「X-MEN」シリーズの中でヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じてきた⼈気キャラクター“ウルヴァリン”の最後の戦いを描くヒーロー・アクション。治癒能⼒を失い、⽼いから逃れられなくなったウルヴァリンことローガンが、絶滅⼨前のミュータント唯⼀の希望となる少⼥を守るために繰り広げる壮絶な死闘の⾏⽅を、迫⼒のアクションとエモーショナルな⼈間ドラマで描き出していく。共演はパトリック・スチュワート、ダフネ・キーン。監督は「ウルヴァリン:SAMURAI」に引き続き、「ニューヨークの恋⼈」「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。
すでにミュータントの⼤半が死滅した2029年。超⼈的な治癒能⼒を失いつつあったローガンももはや不死⾝の存在ではなく、⻑年酷使してきた⾁体の衰えは⽕を⾒るよりも明らかだった。彼はリムジンの運転⼿で⽇銭を稼ぎ、メキシコ国境近くの寂れた荒野で年⽼いたチャールズ・エグゼビアの⾯倒を⾒ながらひっそりと暮らしていた。ある⽇、ガブリエラという⼥性が現われ、謎の少⼥ローラをノースダコタまで送り届けてほしいと依頼する。そんなローラを追って冷酷⾮情な男ピアースが武装集団を率いて迫り来る。ローガンは渋々ながらもローラ、チャールズとともに、過酷なアメリカ⼤陸縦断の旅に出るのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

ヴァルヴァリンがなんでプロフェッサーXの面倒見てんの?ってなってしまい、これはもうレンタルでシリーズ見るしかないのね、っていう気分のまま鑑賞。
プロフェッサーとローラの関係がいいの。
ある意味かたくなにローラを避けるヴァルヴァリンが逃した何かをプロフェッサーは受け取っていたような気がします。
それにしても昔の映画の使い方の上手いこと。
ローラはただ見ていただけなんでしょうけれど、それがきっと「感情」とつながるのだろうと思わせる作りになっていたと思います。
ヴァルヴァリンがパパ?って思ったんだけど、あ、遺伝子上ね。びっくりした、どこかに愛した人の子供がいたのか?って思っちゃった。そうね、実験材料だった過去があったわね。
思わぬ副産物が「愛情」だったのね。
ラストシーン、不覚にも泣かされました。くー、覚悟してたのになぁ、負けましたw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2017年08月17日 17:03
私もミルテさんと同じで、このシリーズどこまで観たっけか、って感じですが(笑)
ええ~?! ローガンがリムジンの運転手??
チャールズ・エグゼビア、お金持ってそうだったのに^^;
そんで結末は・・やっぱり泣いちゃうのですね。映画館で悲しい思いをするのは あまり好きでないなあ^^;
2017年08月17日 23:32
キーブーさま
そうなんですよね、これシリーズものから外れてスピンオフまでありますから、何がなにやら(汗)でもあのローガンの最期とあれば、見たくて行きました。
ねー、お金ありそうだったのに、なにがあったんでしょうw
ラストはローガンとの別れもありますが、悲しいというよりは切ないラストでした。
愛情がある分、もっと時間がほしかった、といった所でしょうか。
いい映画でしたし、昔の西部劇も織り込まれていてよかったので機会があったら見てみてくださいね。

この記事へのトラックバック