ベイビー・ドライバー@TOHOシネマズひたちなか

この作品、ブログで紹介されている方がいて、面白そうだと思って見に行きました。
ケビン・スペイシーが出ているなら個人的な大外れもないので楽しみにして映画館へ。

画像



監督: エドガー・ライト
製作: ニラ・パーク
エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
製作総指揮: エドガー・ライト
レイチェル・プライアー
ジェームズ・ビドル
アダム・メリムズ
ライザ・チェイシン
ミシェル・ライト
脚本: エドガー・ライト
撮影: ビル・ポープ
プロダクションデザ イン:マーカス・ローランド
⾐装デザイン: コートニー・ホフマン
編集: ポール・マクリス
ジェナサン・エイモス
振付: ライアン・ハフィントン
⾳楽: スティーヴン・プライス
原題:BABY DRIVER 2017年アメリカ作品

出演: アンセル・エルゴート(ベイビー)
ケヴィン・スペイシー(ドク)
リリー・ジェームズ(デボラ)
エイザ・ゴンザレス(ダーリン)
ジョン・ハム(バディ)
ジェイミー・フォックス(バッツ)
ジョン・バーンサル(グリフ)
CJ・ジョーンズ(ジョセフ)
フリー(エディ)
スカイ・フェレイラ(ベイビーの⺟)
ラニー・ジューン(JD)
ビッグ・ボーイ
キラー・マイク
ポール・ウィリアムズ
ヴィヴィアナ・チャベス
ブローガン・ホール
声の出演:ウォルター・ヒル

【解説】
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のエドガー・ライト監督が、ギャングに雇われ、“逃がし屋”として働く天才ドライバーの⻘年ベイビーの活躍を描く痛快クライム・カー・アクション。リアルかつ華麗なカー・アクションに加え、主⼈公が絶えず聴いているiPodの曲がBGMとなり、そのビートに合わせて全てのアクションが展開していく斬新な演出も話題に。主演は「ダイバージェント」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、共演にケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス。
天才的 なドライビング・テクニックを買われ、ギャングのボス、ドクの下で“逃がし屋”として働く⻘年ベイビー。幼い頃の事故で両親を亡くし、⾃⾝もその後遺症で⽿鳴りに悩まされている。そのためiPodが⼿放せず、常にお気に⼊りのプレイリストを聴き続けていた。すぐにキレる狂暴なバッツはじめコワモテの連中を乗せても顔⾊⼀つ変えず、クールにハンドルを握るベイビーは、⾳楽を聴くことで集中⼒が研ぎ澄まされ、誰にも⽌められないクレイジーなドライバーへと変貌するのだった。そんなベイビーが、ウェイトレスのデボラと出会い、恋に落ちる。そして彼⼥のために、この世界から⾜を洗おうと決意するベイビーだったが…。


このノリ好き!見て良かった!
この音楽の配置って凄いと思うの。当然絵に会わせて、選んで、細部は音楽に合わせて取り直して、なんでしょうけれど、この音楽のちりばめ方天才だわ、これ誰が配置したんだろう?
BABYがずーっと聞いている音楽と言うことになっているけれど、このセンス大好きです。
ムーランルージュ以来のヒットかも!あれも音楽の使い方すばらしいと思ったけれど又違った素晴らしさ。映画にあわせて新しい曲を作るのもありだけれど、今までのヒット曲で繋いでいくのは、また別な素晴らしさがあると思うのです。
飛び抜けて主役のアンセル・エルゴードがいいというよりは、いい役者が脇を固めた作品だったと思います。
ケヴィン・スペイシーは想像通りの安定感のある悪ボスでした。
それよりなにより、ジョン・ハムのこわいことこわいこと!
良い役者だから上手いのは知っていましたが、すごみがある眼力は役者の底力ですね。
解説ではガールフレンドのために足を洗うとあるけれど、これ、それだけじゃなくてジョセフの存在も大きいと思うの。BABYと里親のジョセフの交流があればこそ、ラストのBABYにつながるのだと思うのです。
「ブルースブラザース」とか「天使にラブソングを」が好きな方にはお勧めです。
いけ!やっちゃえ!もっと派手にいけー!と喝采をおくりたくなる良い作品でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック